成果報告書詳細
管理番号20120000000253
タイトル平成22年度~平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS「大規模太陽光発電システム等を利用した技術実証事業(インド)」 
公開日2012/8/18
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社日立製作所 東京電力株式会社 伊藤忠商事株式会社 株式会社日立プラントテクノロジー 株式会社日立情報システムズ
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約件名: 平成22年度?平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS「大規模太陽光発電システム等を利用した技術実証事業(インド)」         インドでは、近年の経済発展に伴う電力需要の急増に対し、電源開発の遅れによる電力不足が深刻化している。この為、工業地帯では安定操業の為に多くの企業で自家発電施設を導入しているが燃料コストが高く事業を圧迫している。 一方、石炭火力発電による電力供給が全体の7割を占める為、CO2排出量の増大も大きな問題となっており、RPS制度、固定買取価格(FIT)制度や補助金制度等により再生可能エネルギーの導入を進めている。このような状況下、日印間の「戦略的グローバル・パートナーシップ」を背景に開発の進むデリームンバイ産業大動脈(DMIC)地域では、日本の有する再生可能エネルギーやマイクログリッド技術などの導入が切望されている。本事業は大規模太陽光発電設備とマイクログリッドによる技術実証事業に係る電力供給システムの同地域の工業団地への普及可能性調査を目的とする。調査にあたっては、「実施サイト候補の基本事項調査」、「技術実証事業実施計画の具体化」を中心に検討を進めた。調査の結果、実証事業の対象工業団地として首都デリーから約100キロとショーケースとしても最適なニムラナ工業団地を第一候補とし、デリームンバイ産業大動脈開発の為のインド中央政府とインド政府系企業の特定目的会社であるDMICDC(デリームンバイ産業大動脈開発公社)をインド側事業実施主体に決定し進めることとした。本事業の事業推進にあたり適用する再生可能エネルギー導入促進政策に関しては、中央政府スキームと上記工業団地の所在するラジャスタン州政府スキームを軸にインド側とも協議を進めたが、最終的に中央政府のJNNSM(Jawaharlal Nehru National Solar Mission)を援用し進めることに決定した。JNNSMのガイドラインでは5MW単位で太陽光発電出力の全量を常時系統に連系することになっている為、当初の総計5MWのシステム構成を修正し、JNNSM適用の太陽光発電設備(5MW)とマイクログリッド用太陽光発電設備(1MW)から構成する総計6MWのシステムを構築し運用する予定である。なお、JNNSMの適用条件に沿い、日本製パネルの配置方法を当初計画から修正し、マイクログリッド用太陽光発電設備(1MW)に多結晶シリコン型モジュールを採用、JNNSM対象の太陽光発電設備(5MW)には薄膜型太陽光モジュール2種を採用することとした。事業面では、再生可能エネルギー導入促進政策を援用しマイクログリッドと組み合わせた構成とすることにより一定の事業性を確保できる見通しが得られた。普及性に関しては、今後の太陽光発電設備のコストダウンと原油価格高騰による自家発電設備の発電単価上昇を想定するなど一定の条件が整えば、太陽光発電設備との組み合わせにより安定電力を供給する本マイクログリッドシステムが普及する可能性は高い。実証事業に向けては、DMICDCとの間で取り交わす予定であるID(Implementation Document)の基本案の作成を行った。
英文要約Title: Model Projects for Increasing the Efficient Use of Energy. Feasibility Study on the Model Project for a Micro-Grid System Using Large-Scale PV Power Generation and Related Technologies (FY2010-FY2011) Final Report Electricity demand in India has been increasing drastically due to the economic growth and the development for energy supply tends to be delayed. The gap between power demand and supply has been expanded during these years. On the other hand, because most of the power supply depends on the coal fired power generation, carbon dioxide emission issue is becoming serious concern. Under such situation, Indian government has been promoting introduction of various renewable energies. Under this circumstance ,Japanese technologies regarding renewable energy and micro grid have been desired to introduce for this field. Large scale PV power plant and micro grid system will be installed in industrial park in DMIC area through this project. Basic site conditions and system design of this system and detailed plan have been investigated through this study as follows. 1) Neemrana industrial park has been selected for the demonstration site. This site is only 100km from Delhi and is ideal for the showcase. 2) DMICDC, special purpose company invested from Indian government and government-linked company, has been selected as Indian side partner. 3) In regard to renewable energy promoting policy, central governmental scheme and Rajastan state’s scheme have been reviewed. Through the discussion between Japanese side and Indian side, both parties decided to apply central governmental scheme (JNNSM) for this project. According to this JNNSM guideline, 5MW PV output shall be connected to the GRID exclusively, so original 5MW system plan shall be changed. Total system shall consist of 5MW PV system for JNNSM and 1MW PV system for micro-grid. Panel arrangement shall be also changed because of JNNSM guideline. Japanese polyscristline module shall be applied only for 1MW PV system for micro-grid. 5MW PV system for JNNSM shall consist of 2 types of thin film PV module. 3) Business viability has been confirmed in case both micro-grid system and solar power plant have been operated under the certain condition of renewable energy promotion scheme. 4) In case power generation unit price of DEG has been escalated and solar power plant cost has been compressed, dissemination of this model is expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る