成果報告書詳細
管理番号20120000000322
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書  平成21年度第2回採択産業技術研究助成事業 09E51504d 超活性炭材を用いた高炉内高反応技術による省資源化およびCO2排出削減 平成22年度最終
公開日2012/8/15
報告書年度2009 - 2010
委託先名国立大学法人東北大学 植田 滋
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約バイオマスチャーを用いたマイクロリアクターを構成し反応挙動を測定および反応制御について考察を行い、製鉄利用を検討した。以下の検討した項目を示す。
・鉄の含浸担持炭材のガス化速度
・アルカリ金属化合物のバイオマスチャー反応性への触媒効果
・バイオマス、化石燃料の混合利用
・マイクロリアクター反応性および反応の促進
・マイクロリアクター炉内反応性検証
・バイオマスチャー利用法検討
英文要約Reactivity of micro-reactor including biomass char was measured. Controlling method of the reactivity of that was investigated. Usage of biomass in the steel making industry was discussed. Following subjects were investigated;
・Gasification rate of carbon with Fe.
・Gasification rate of biomass char with alkaline metal composite.
・Reactivity of micro-reactor.
・Calculation of reaction behavior of micro-reactor in blast furnace
・Usage of biomass char in steel making industry
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る