成果報告書詳細
管理番号20120000000425
タイトル平成22~23年度成果報告書 蓄電複合システム化技術開発 要素技術開発 既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証(6)
公開日2012/8/9
報告書年度2010 - 2011
委託先名オリックス自動車株式会社
プロジェクト番号P10008
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成22年度?平成23年度成果報告書「蓄電複合システム化技術開発/要素技術開発/既存都市再開発型スマートコミュニティモデル構築に向けた蓄電池利用技術及びエネルギーマネジメントシステムの開発実証」
オリックス自動車は、「エコ充電スタンドエネルギーマネジメントシステムと連携したEVシェアリング車両運用システムの研究開発」の一部を担当した。 1.EVシェアリング車両運用システムにおける外部連携システムの開発 エコ充電スタンドで使用するカーシェアリングシステムは、EV、カーシェアリングセンタ、運営スタッフ、利用者とで構成されている。センタとEVとは携帯電話網による交信で、無人貸出し・返却、車両遠隔監視を行っており、センタとインターネットで接続することにより、利用者は予約受付、運営スタッフは車両の利用状況確認が行える。エコ充電スタンドで最適な充電スケジュール管理を行うためには、EVシェアリングの利用予約発生時点で、予約情報などをエコ充電スタンドに送信する必要がある。そのため、カーシェアリングの車両運用システムとエコ充電スタンド(EV-EMSサーバ)との間で、利用予約などのカーシェアリング運用関連情報と、充電完了時間などのEV充放電関連情報をやりとりするためのインターフェース機能について、送信タイミングなどを含めて要件定義を行った。以下にその例を示す。(1)カーシェアリング運用関連情報:予約番号、車両番号、会員番号、予約開始日時、終了予定日時など。 (2)EV充放電関連情報:充放電計画番号、車両番号、予約開始日時、予約ステータスなど。 カーシェアリング運用関連情報は、会員の利用予約時、予約取り消し時、予約延長時、自動キャンセル時、貸出時、返却時に、カーシェアリングセンタからエコ充電スタンド(EV-EMSサーバ)へ送信する。EV充放電関連情報は、利用者からの情報要求に対し、エコ充電スタンド(EV-EMSサーバ)からカーシェアリングセンタに送信される。 2.充放電対応EVに対するEV車載システムの検討 放電機能を搭載したEVでカーシェアリング運用を行うためには、カーシェアリング車載システム機器(オンボードコンピュータ、ICカードリーダ、携帯電話アンテナ、表示装置、キーボックス、GPSアンテナ)を搭載する必要がある。現在、利用者の予約変更(利用延長など)は携帯電話などで運営スタッフに連絡しているが、エコ充電スタンドで最適な充電スケジュール管理を行うためには、利用者の予約変更があった時点で帰着後の充電スケジュールも変更する必要がある。そのためには、カーシェアリング車両から最新の予約情報や利用中の充電情報を送信する必要があり、予約情報などの変更が送信可能なEVシェアリング車両運用システム、EV車載システムを検討した。検討の過程で、利用者の予約は常に一定ではないため、貸出時点でのバッテリ充電状態が利用者にとって満足できる範囲にあるのかなどを確認する必要性が明らかとなった。また、カーシェアリング車両のバッテリを充放電利用すると、その車両の他の部分に負担をかける恐れがでてきた。以上の課題を解決するため、利用者が利用開始時に機能確認のできるアンケート機能、補機12Vバッテリの状況などをセンタからモニタリングできる機能も追加する。 3.成果まとめ カーシェアリングの車両運用システムと、エコ充電スタンド等の外部システムとの間で、利用予約情報および受け渡しタイミングなど外部連携システムの要件定義を完了した。EV車載システムの改造仕様の検討の結果、予約変更の機能だけでなく、利用者の受容性評価のためのアンケート機能、補機バッテリの監視機能などが必要であることが判明した。
英文要約Title: R&D of Practical and integrated Energy storage system for smart city/Elemental technology development/R&D and demonstration of a Practical and Energy storage technology and Energy management system for a smart community applied for an urban redevelopment (FY2010-FY2011) Final Report
1. Development of the system for cooperation between the carsharing operation system and the system of EV charging station with solar panel EVs, Car Sharing Center, operation staff and users are all involved in Carsharing operation system. Data transmission between Carsharing Center and EV by mobile network enable unmanned pick-up, return and remote monitoring of vehicles.  For optimum management of charging schedule, it is necessary to transmit the information of reservation to EV charging station as soon as a user makes a reservation of EV sharing vehicle. Therefore, we determined the system requirements of interface function of the contact-or transmitting the information about carsharing operation and about bi-directional charging of EV-between the carsharing operation system and the system (EV-EMS server) of EV charging station with solar panel. The examples of the information are below: (1) information about carsharing operation : reservation number, vehicle number, member’s ID number, beginning day and hour of the reservation, ending day and hour of the reservation, etc. (2) information about EV bi-directional charging : bi-directional charging plan number, vehicle number, reservation status, etc. Carsharing Center transfers above (1) to the EV charging station (EV-EMS server) when members make reservation, cancels a reservation, extend the reservation time, picking up the EV, returns the EV or when the reservation is automatically canceled. The EV charging station (EV-EMS server) transfers (2) to Carsharing Center when the user requests the information. 2. Study of the on-board computer system for the EV with bi-directional charging capability EV with bi-directional charging capability must be equipped with on-board computer system devices (on-board computer, IC card reader, mobile antenna, monitor, key-box, GPS antenna) for carsharing operation. In order to have optimum management of charging schedule, EV has to transfer the latest information about the user’s reservation and remaining electric power to the EV charging station so that the station can change the charging schedule immediately after the user extend the reservation time. So, we studied and developed the carsharing operation system and the EV on-board computer system with the ability of transferring information about reservation change. Above R&D and demonstration revealed two problems to improve the system: First, it is significantly difficult to assume when exactly users are using. Second, accessorial 12V battery can be burden to other parts of vehicle when bi-directional charging. In order to resolve the problem, we will add the function of asking the user whether the battery is sufficiently charged when he/she picks up the vehicle and that of monitoring the status of battery in the next phase. 3. Results We determined the system requirements for the cooperation between the carsharing operation system and system of EV charging station having solar panel. We also examined when and what information to transfer. We find that EV on-board computer system needs the function of acquiring information of the user’s satisfaction level and monitoring the status of 12V battery along with changing reservation time.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る