成果報告書詳細
管理番号20120000000592
タイトル*平成23年度中間年報 「次世代機能代替技術の研究開発/次世代再生医療技術の研究開発/少量の細胞により生体内で自己組織の再生を促す自律成熟型再生デバイスの開発(生体内で自律的に成熟する臓器再生デバイスのための実用化研究開発)」
公開日2012/8/11
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社スリー・ディー・マトリックス 野村ユニソン株式会社
プロジェクト番号P10004
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1.研究開発の内容および成果等
本プロジェクトでは、軟骨組織再生技術の汎用化、産業化を進めるため、臓器構造体としての軟骨の自律成熟に着目し、関節やその他の欠損部位を修復させるための実用化技術を確立する。このため平成22 年度は、以下の項目の研究開発を行った。
(1)「自律再生を実現する足場素材ハイドロゲルの実用化開発」 (スリー・ディー・マトリックス)
第一世代ハイドロゲルPuraMatrix にRGDS 接着モチーフを付与することで、軟骨細胞の増殖力の向上を目指したハイドロゲル「PRG」を設計し、製造検討を実施することで純度85%超にて合成可能となった。PRG とPuraMatrix の混合ゲルを用いることで、十分なゲル化性能を維持しつつ、軟骨細胞の増殖性の向上を達成した。東京理科大学(基盤研究)との共同でハイドロゲルの機械的強度の向上を達成し、東京大学(基盤研究)と共同で軟骨再生の動物試験を実施した。24 年度には、GMP 生産を見据えたPRG の品質・安全性試験を実施する。
(2)「自律再生デバイスを構成する培養モジュールの実用化研究」(野村ユニソン)
今年度は、モジュールへの3 次元形態の付与法を検討した。今回はポリ乳酸製中空糸を使用し、L型の3 次元モジュールを試作した。モジュールをL型に曲げるにあたり、中空糸の曲げによる流量・圧力変化を調査し、R5以上であれば影響を受けないことを確認した。
英文要約Title: Industrialization Research Project for Autonomous Regeneration Device (FY2010-FY2012) FY2011 Annual Report

Reconstruction of joints, based on autonomous regeneration of cartilages, would enable to promote generalization and industrialization of cartilage tissue engineering. In this project, we will establish an industrialization technology to apply the autonomous regeneration for reconstruction of joints. For that purpose, we have carried out research and development described below, this year. As industrialization of a hydrogel as a scaffold to realize autonomousc regeneration, we have developed a hydrogel “PRG” which combines RGDS sequence with PuraMatrix, that is intended to increase cartilage cells proliferation. Manufacture examination was carried out, and more than 85% purity of the product could be prepared. Improvement in the proliferation of cartilage cells was attained maintaining gelling performance sufficient by using a mixed gel of PRG and PuraMatrix. Increase in the mechanical strength of hydrogel was achieved in cooperation with Science University of Tokyo, and animal examination of cartilage regeneration was carried out in cooperation with the University of Tokyo. In the next year, quality and safety examinations of PRG will be carried out to enable GMP production. As industrialization of a culture module for construction of autonomic regeneration, the method of giving the three-dimensional form to a module was examined. The hollow fiber made from polylactic acid was used, and the L type three-dimensional module was made as an experiment this time. In bending a module to L type, the flow and the pressure change depended for a hollow fiber to bend were investigated, and when it was more than R5, it checked not being affected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る