成果報告書詳細
管理番号20120000000865
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書
「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト 移動知能(サービス産業分野)の開発のうち、移動ロボット用基本知能モジュール化」
公開日2012/8/15
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人筑波大学 富士ソフト株式会社
プロジェクト番号P08013
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成20年度?平成23年度成果報告書
移動ロボット用基本知能のモジュール化日本は知能ロボット技術の分野で世界をリードした。しかしながら、サービス・ロボットはまだ広く利用されていない。この理由のうちの1つはそのようなロボットを構築する有用なソフトウェアの不足がある。この問題への解決策を提供するために、私たちは、移動ロボットのためのソフトウェア部品を開発し、商品としてそれらを供給することを目標とした。高い再利用性を備えた移動ロボット用ソフトウェア・モジュールの機能、およびアルゴリズムの研究を行った。またニーズ調査を行い、実用的なソフトウェア・モジュールの開発を行った。本プロジェクトにて、私たちは屋外走行評価ロボットや、屋内において音声にて目的地を認識し案内を行うロボットを開発した。また、様々な環境でロボットをテストし、課題を抽出し、移動知能のロバスト化を図った。有効性評価の1つとして「つくばチャレンジ2008?2010(RWRC:現実世界でのロボットの大会)」に参加し、2009,2010年において一般の人がいる遊歩道で1キロを超える距離を連続10回以上完走することができた。この中では安全停止や、指定場所停止、障害回避等の機能の有効性も検証した。今後の実用化を目指してのデモを多数実施し、広く実用化に向けての意見をヒアリングした。
英文要約Title:Development of Fundamental Software Modules for Mobile Robots(FY2008-FY2011)Final Report

Japan is leading the world in the field of intelligent robot technology.However, service robots have still not come into wide use. One of the reasons of this fact is lack of useful softwares for construction of such robots. In order to provide the solution to this problem, we aimed to develop the essential software modules for mobile robots and to supply them as commercial products. In this study, the software modules for mobile robots with high re-usability are researched in terms of functionality, specification and algorithm. The needs are also investigated and the software modules for practical use are developed. We developed an indoor guidance robot, which has functions for speech recognition, and a robot for outdoor evaluation. We have tested the robots in various environments and extracted the problems in real world, and finally could improve the robustness of the developed software system. We participated in "Tsukuba challenge RWRC (Real World Robot Challenge) 2009-2010" with the developed robot. As a result, the robot could complete more than 1 kilometer run in a public outdoor promenade continuously over 10 times. In this challenge, the validity of functions, such as safe stop, the appointed place stop, obstacle avoidance, has also been verified. Many demonstrations were conducted and opinions were gathered by hearing about the future possible practical use case.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る