成果報告書詳細
管理番号20120000000893
タイトル平成23年度成果報告書 研究協力事業 ミャンマーにおける籾殻のバイオマスとしての持続可能な再資源化・リサイクルシステムについての研究開発
公開日2012/8/18
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人大阪大学接合科学研究所
プロジェクト番号P93048
部署名国際部
和文要約籾殻の固形燃料化と焼成残渣である籾殻由来シリカの高純度化・非晶質化を同時に実現できるシステムの構築,ならびにミャンマー国での本システムの操業条件の最適化を行い,籾殻のバイオマスとしての高付加価値利用技術を同国で確立することを目的とする.本年度では,(1)持続可能な籾殻の圧縮成形装置の開発,(2)昨年度の成果である最適なクエン酸洗浄処理条件および燃焼条件をミャンマーに導入した装置を用い検証し,99%以上の高純度シリカが得られることを実証した.さらに,熱エネルギーの回収率の定量的評価を実施した.(3)籾殻からの熱エネルギーと高純度シリカの併産プロセスの可能性を確認した.今後の課題としては,シリカの肥料としての効果を水田での実栽培において確認し,市場調査の結果に基づいた経済的に成り立つ仕組みを検討する必要がある.
英文要約From a viewpoint of reused of rice husk, one of typical agricultural wastes, the objective in this project is to install the operation system useful for consolidation of rice husks fuels and fabrication of high-purity amorphous silica materials originated in rice husks after combustion and to establish the optimum operation conditions in Myanmar. In 2011 FY, the following research results are obtained; (1)Development of the sustainable rice husks consolidation machine. (2)Evaluation of optimum process for obtaining amorphous silica with high-purity of over 99% with installed machine in Myanmar. (3)Design and development of energy generation and high-purity silica products from rice husks. It is necessary to examine the utilization of ashes as fertilizers in rice field in Myanmar, and clearly essential to establish an economical system in the use of rice husks in Myanmar.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る