成果報告書詳細
管理番号20120000001003
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ポーランド国におけるスマートグリッド技術を適用した地球温暖化対策の案件組成調査
公開日2012/8/11
報告書年度2011 - 2011
委託先名中国電力株式会社 株式会社みずほコーポレート銀行
プロジェクト番号P11013
部署名スマートコミュニティ部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 地球環境温暖化対策技術普及等推進事業ポーランド国におけるスマートグッリド技術を適用した地球温暖化対策の案件組成調査
 本調査は,平成23年度NEDO「地球温暖化対策技術普及等推進事業」について,中国電力及びみずほコーポレート銀行が受託して実施したものである。なお,調査の一部は電力中央研究所及び日立製作所へ再委託した。また,調査に当たっては,ポーランド国の電力会社(PSE Operator及びENERGA-Operator:以下PSE,ENERGAとする)の協力を得て実施した。以下に調査の概要を示す。
ポーランドでは,地球温暖化対策として,近年,北部のバルト海沿岸地域を中心に風力発電の導入拡大が急速に進んでおり,送電会社(超高圧の電力系統を所有・運用)及び配電会社(110kV以下の電力系統を所有・運用)等においては,これらへの電力系統の対応が喫緊の課題となっている。このため,文献調査及び現地調査により電力系統の現状及び将来の課題を調査した結果,風力発電の導入拡大に伴い,近い将来,送電線の過負荷,需給バランス,電圧問題等の課題が生じる可能性があることが判明した。
これらの課題への対策として,系統安定化装置(SPS)による送電線の過負荷防止対策や蓄電池による需給バランス対策等,日本の独自または優位なスマートグリッド技術を適用する対策をPSE,ENERGAへ提案し,特に両社の関心が高い過負荷防止対策及び需給バランス対策について,シミュレーションによる効果の検証を行った。この結果,SPSによる過負荷対策を導入した場合には,送電線増強を要することなく風力発電の導入量を拡大できることを確認した。更に,事業化の可能性調査として,送電線増強等の対策案とのキャッシュフロー分析による比較等の事業性評価を行い,仮に二国間クレジットの売却収入がない場合でも,経済的に有利であることを確認した。ENERGAは,関係会社間の合意等の条件整備が必要であるものの,事業化に向けての高い関心を示した。
蓄電池による需給バランス対策については,PSEが高い関心を示した。コスト面及び制度面等の課題があるため,現段階での事業としての導入は難しいが,パイロットプラントとして導入検討する意向を示した。
二国間クレジットに関する検討については,SPSによる過負荷対策について,NAMAクレジット(Nationally Appropriate Mitigation Action crediting mechanism)・CDM方法論ACM0002を参考に,ベースライン設定,MRV(Measurement, Reporting and Verification)確立が可能であることを検証した。特にNAMAクレジットでの参照値に相当するものとして,ある地域での風力発電の導入限界容量を参照値(ベースライン)として用い,シミュレーションを活用して対策実施後の導入拡大量を算定・設定したことが,今回のベースライン設定・MRVの大きな特徴である。二国間クレジットの実現に向けては,今後,この方式でのベースライン設定・MRVの認知,両国での協定等の締結及び詳細規則の作成・合意が課題である。
また,ポーランドにおいては,近年,ENERGAのスマートメーター導入モデルプロジェクトの動きがあるなど,スマートグリッド技術への関心が高まっている。そこで,日本メーカーのスマートグリッド関連技術や実証事業の情報を,ポーランドの電力会社に対し紹介するとともに,ニーズ調査を行った。その結果,配電自動化システムへの高い関心やスマートメーターと連係するデマンドサイドマネージメントについての検討が既に行われていることが確認された。
英文要約Title: Feasibility Studies with the Aim of Developing a Bilateral Offset Credit Mechanism. Program Organization Applying Smart Grid Technology in the Republic of Poland FY2011 Final Report
This program was conducted by Chugoku EPCO and Mizuho CB as “Feasibility Studies with the Aim of Developing a Bilateral Offset Credit Mechanism, FY2011” contracted by NEDO. We entrusted part of the program to CRIEPI and Hitachi. We gained the cooperation from Polish power companies PSE Operator (PSE) and ENERGA-Operator (ENERGA).
Wind power generation has been rapidly introduced mainly in northern area along the Baltic Sea. PSE and ENERGA have faced an urgent issue of power system reinforcement.
After having studied documents and conducted site surveys, we found that problems, such as overload, supply-demand imbalance and voltage could be caused.
We proposed to PSE and ENERGA measures for preventing overload and for balancing the supply-demand through simulation which could solve the problems and apply Japan’s smart grid technologies, and verified effects of the measures.
As a result, we confirmed effects if each measure is applied. Among others, we found that the introduction volume could be expanded without transmission line reinforcement if SPS is applied. Moreover, we analyzed the cash flow of the measures and that of transmission line reinforcement in terms of possible commercialization. We found that the measures are superior to transmission line reinforcement in economy even if no profit is achieved through the trade of a Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM). ENERGA showed a high interest to commercialization of the measures although necessary conditions must be met such as an agreement between the parties concerned.
Meanwhile, PSE indicated a high interest in the measure for balancing the supply-demand through storage batteries. Although it seems difficult to commercialize the measure due to the cost and system, we discussed the introduction of the measure as a pilot plan.
We found it is possible to establish MRV (Measurement, Reporting and Verification) and baseline setting, based on NAMA (Nationally Appropriate Mitigation Action crediting mechanism) credit and CDM methodology ACM0002. Especially, in north part of Poland, we used possible introduction volume of wind power generation as reference-volume (baseline) corresponding reference-volume of NAMA credits, and figured out expanded possible introduction volume of wind power generation by simulation. It is the main feature to establish baseline setting and MRV. Hereafter, it is required to conclude an agreement between Poland and Japan, establish baseline setting and MRV under the methodology compile a detailed rule and agree on the rule in order to realize BOCM.
As ENERGA has recently started a model project for smart meter introduction, interest in smart grid technologies has been rising in Poland. We provided Polish power companies with information on Japan’s smart grid technologies and demonstration projects, and conducted a need survey. We confirmed that they have a great interested in distribution automation system and studied demand side management connected to smart meters.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る