成果報告書詳細
管理番号20110000001713
タイトル*平成22年度中間年報「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発/次世代型高機能血液ポンプシステムの研究開発」(ニプロ株式会社)
公開日2012/9/11
報告書年度2010 - 2010
委託先名ニプロ株式会社
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
ニプロ(株)では、「次世代呼吸循環補助システム」と「高機能体内埋込型補助人工心臓」についてトータルシステムとしての生物学的安全性試験を担う。
(1)呼吸循環補助システムに関する生物学的安全性試験
呼循環補助システムに適用する遠心型血液ポンプについて、昨年度は材料レベルでの生物学的安全性試験を社内で実施したため、今年度は最終仕様にて生物学的安全性試験を社内で実施することを目的とした。最終仕様にて生物学的安全性試験を実施するためには、部品成形、部品組立、抗血栓性コーティング、滅菌といった製造工程上での化学的変化を考慮して評価を行う必要があるため、製造工程上での問題点を抽出し、製造条件の検討を行った。来年度も引き続き製造条件の検討を行い、製造工程上での化学的変化を考慮した上で、最終仕様での生物学的安全性試験を社内で実施する。
英文要約Title; Development of Next Generative Blood Pump Systems with High Performance.
(FY2009-FY2011) FY2010 Annual Report

Nipro corporation

(1)Biological evaluation for a blood pump (centrifugal pump) in percutaneous cardiopulmonary support system (PCPS).
(1)-1. We picked up the problem of the manufacturing process.
For example, parts formation and assembly, antithrombotic corating, sterilization.
(1)-2. We discussed the manufacturing condition in order to evaluate the biological safety.

(2)Biological evaluation for a blood pump in Ventricular Assist Device (VAD).
(2)-1. We gathered information of the market for clinical use.
(2)-2. We discussed the final specification for clinical use in order to evaluate the biological safety.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る