成果報告書詳細
管理番号20120000000052
タイトル*平成22年度中間年報「次世代機能代替技術の研究開発/次世代心機能代替治療技術の研究開発/小柄患者用補助人工心臓の有効性及び安全性の評価」
公開日2012/9/11
報告書年度2010 - 2010
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P10004
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
1)電気的安全性の検証 (担当:三菱重工業株式会社)
経済産業省・厚生労働省にて策定された「高機能人工心臓システム開発ガイドライン」および関連するISO,IEC 規格に準拠する。電気的安全性試験・電磁環境両立性の評価技術を確立する。その評価技術で、連携事業「小柄な患者に適用できる植込み型補助人工心臓に開発」で作製する、動圧軸受型植込み型軸流ポンプおよび駆動装置のプロトタイプの電気的安全性を検証する。
2)機械的安全性の検証 (担当:三菱重工業株式会社)
動圧軸受型植込み型軸流ポンプ、駆動装置(筐体・ケーブル・コネクター)などの機械的強度の検証、各種環境試験を実施する。経済産業省・厚生労働省にて策定された「高機能人工心臓システム開発ガイドライン」および関連するISO,IEC 規格に準拠する。
3)生体適合性評価用ポンプの製作(担当:三菱重工業株式会社)
基本検証が完了している成人ポンプのプロトタイプ機を製作し、システム全体の生体適合性評価用としてこれを供給する。小柄患者用プロトタイプの完成前にこの検証を行うため、既開発品である成人用モデルを製作する。
英文要約Title: Research and Development of the next-generation circulatory assist system for small patients.


1. Mechanical Safety Assessment
Pump Driver system was tested following test,
-Passed for water proof test and dusty test
-Not passed for drop testing due to strength poverty of chassis


2. Electro-Magnetic Compatibility assessment
Battery charger systems were tested for Radiated RF Immunity.
(Electrical circuit was improvement against for radiated RF Immunity.)
It was passed at Single battery charging, but not passed charge four batteries at a time.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る