成果報告書詳細
管理番号20120000000598
タイトル*平成22年度中間年報 最先端PG(Mega-ton Water System) 低コスト・高耐久性配管(H22~H24)
公開日2012/9/22
報告書年度2010 - 2010
委託先名旭有機材工業株式会社
プロジェクト番号P09025
部署名環境部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
本研究開発では、海水淡水化プラントにおいて低コストかつ高耐久性に優れる配管の開発を目指しており、特に成形継手を使用しない新規接続方式の研究を重点的に行う。本年度は、その事前検討として配管基本構造の確認に特化し、樹脂からなるライナー層とバインダー樹脂及び強化繊維からなる補強層により構成したFRP 配管での開発検討を実施した。海水淡水化プラントにおいては、方式によって配管へかかる圧力が異なってくるが、高圧RO 膜処理に用いられる配管-約8MPa-を想定として、配管部材の基礎物性評価、強度予測、短期耐久性試験を行い、構造予測シミュレーションを行った。
英文要約In this research and development, the new connective method which does not use a forming joint in particular is preponderantly studied for a desalination plant aiming at development of piping which is excellent in low cost and high pressure-resistant. A degree specializes in the check of piping basic structure as the prior examination, and performs development examination for piping made from FRP constituted by the liner layer made of resin, and the reinforcement layer which consists of binder resin and a strengthening fiber this year. In the plant, although this pressure changed to piping with systems, basic physical-properties evaluation of a piping component, intensity prediction, and short-term pressure-resistant test were done this year by having considered as assumption piping-about 8MPa- used for high-pressure RO film processing, and the structure prediction simulation was performed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る