成果報告書詳細
管理番号20120000000600
タイトル*平成23年度中間年報 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発/腸管下痢症経口ワクチンの研究開発
公開日2012/9/11
報告書年度2011 - 2011
委託先名エムジーファーマ株式会社 一般社団法人阪大微生物研究会 国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
研究開発項目1?1) : MucoRice-CTBの種子バンク構築
(担当:担当:東大医科研、エムジーファーマ)
すでに開発済みのマーカーフリーではないがSDS-PAGEで1本の単量体からなる均一CTB発現米を作出できる遺伝子を組み込んだT-DNAベクターを使って、東大医科研と中央農業研究センターで確立した共感染法を用いて、22年度からハイグロマイシン耐性遺伝子マーカーフリー均一CTB発現米の作出を進めた。マーカーフリーCTB発現米(MF-CTB米)の候補として7系統の第1世代(P1)を得た。その中で2系統(51Aと55A)のP2種子の栽培を行い、さらにP3種子を作出し、P3段階で55A8系統をMF-CTB米最終候補として選択した。さらに55A8系統のMF?CTB米候補から大量にP4種子(55A-12)を作出し、ここから最終的に種子バンクとして使う系統55A-12-23を選択して、種子バンク構築を完成させた。現在、確立された種子バンク米の安定性の解析のための規格試験として、ゲノムに挿入された遺伝子のコピー数を決定するための制限酵素切断解析(サザン解析)を進めている。また目的CTB遺伝子、及びその周辺の遺伝子配列分析も進めている。
英文要約Title:Translational Research for the Development of MucoRice-CTB as New Oral Vaccine for the Control of Bacterial Diarrhea.
(FY2010-FY2012)
FY2011Annual Report

Establishment of MF-MucoRice seed banking
To prepare Marker free (MF)-MucoRice-CTB suitable for human vaccination trial, the selectable marker gene that confers resistance to antibiotics must be removed from the transgenic rice. With this aim, we established a technical protocol for a selectable-marker-free MucoRice-CTB or MF-MucoRice-CTB by co-transformation of two kinds of Agrobacterium, one carrying a selection marker (HPT gene) cassette alone and the other carrying both vaccine and RNAi cassettes; this was followed by PCR selection for the CTB gene and self-pollination for the next generation of Mucorice-CTB. Using this protocol, we finally established MF- MucoRice-CTB, line 55A-12-23 as seeds for MucoRice-CTB seed bank. We now focus on the examination of the CTB-DNA sequences including flanking region and copy numbers by southern analysis and the viability and bio-burden, including speciation of contaminants.

Development of fully-closed type hydroponics harvesting system for MucoRice-CTB
Because a vaccine is a form of medical drug, the quantity and quality of the vaccine expressed by transgenic rice should not be influenced by variations in rice-growing environments. To maintain consistent expression and quality, we established the rice hydroponics harvesting system as a bulk material GMP facility, which adopt most optimal growth-associated factors such as levels of light, water, temperature, chemicals, fertilization and algae.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る