成果報告書詳細
管理番号20120000000619
タイトル平成23年度成果報告書 研究協力事業/インドネシアゴム農園における生産性向上のための病害診断技術の開発
公開日2012/9/11
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社ブリヂストン
プロジェクト番号P93048
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約White root disease(WRD、根白腐病)は、植物病原菌Rigidoporus microporus(ネッタイスルメタケ)によって引き起こされる土壌伝染性の病害であり、インドネシアをはじめとする東南アジアやアフリカのゴム農園で深刻な被害を与えている。R. microporusは土壌伝染によって拡大し、宿主であるパラゴムノキ(Hevea brasiliensis)の根を腐朽させ、酷い場合には枯死に至らしめる。R. microporusの多様性を明らかにし、科学的根拠に基づくWRDの迅速な診断方法を確立できた。また、本事業におけるゴム農園の調査を通して、WRD罹病率が個々の農園の管理状態やメンテナンスの方法によって大きく異なることも判明した。今後は、どの開発技術が農園のWRD診断法に適しているかについても検討した上で診断技術を現場で利用、パラゴムノキの病害を早期診断、防除し、天然ゴムの生産性向上を図っていく。
英文要約White root disease (WRD) is soil-borne disease caused by a plant pathogenic fungus Rigidoporus microporus, it gives a serious economic impact on rubber plantation business in Indonesia. Once Para rubber trees (Hevea brasilienesis) are infected with R. microporus, the roots decay and the disease can be fatal. WRD is estimated only by the symptom of head of tree conventionally, therefore, it has been difficult to judge WRD to date. When a tree is judged as diseased, foot of the tree is dug up and the roots are treated with a chemical. However, the risk of its death increases if the chemical treatment delays, it is an urgent necessity to develop new techniques for early diagnosis of WRD. From 2010 to 2011, in this project we developed early identification techniques for WRD as part of WRD control strategy.
We investigated damage situation by WRD in Indonesia and collected the diseased root and the rhizosphere soils. From these samples, we isolated R. microporus and analyzed its genetic diversity with Malaysian R. microporus isolates, then found low diversity in R. microporus isolates, regardless of geographic location.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る