成果報告書詳細
管理番号20120000000921
タイトル平成23年度成果報告書 クリーンコール・テクノロジー推進事業 エネルギーを取り巻く環境変化と今後のCCT技術開発のあり方に関する検討
公開日2012/9/22
報告書年度2011 - 2011
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約1.発電分野における石炭の役割に関する検討
発電分野において、原子力や天然ガスの状況、ならびに再生可能エネルギーの導入見通しを推定し、今後の高効率石炭火力の導入シナリオについて検討を行った。
2.火力発電の導入シナリオに対するCO2排出量に関する検討
「1」で検討した「石炭火力ベース運転」ケース、「LNG火力ベース運転」ケースの2つのシナリオに従って、2050年までのCO2排出量の推計を行った。
3.石炭利用技術分野の技術ロードマップに関する調査とローリング
石炭利用技術を、[1]石炭火力発電技術(燃焼技術等)、[2]石炭火力発電技術(ガス化技術等)、[3]産業用石炭利用技術、[4]環境負荷低減技術、[5]石炭開発技術、に分類し、広く個別技術について、技術開発の現状や市場導入時期をについて整理する解説シートの作成を行った。解説シートに基づき、2035年程度までの導入や技術開発のロードマップの作成を行った。
また、日本の石炭利用技術をIEAの石炭ロードマップにインプットするため、検討委員会で審議頂いた個別技術について資料を作成し、IEAへ報告した
英文要約1. Consideration about the role of the coal in the power generation
In the power generation, the future introduction scenario of high efficiency coal fired power generation was made study by estimating an prospect such as nuclear power, LNG power and renewable energy.
2.The report on the CO2 emission for the introduction scenario of the thermal power generation
According to the 2 scenarios ("The base load operation of coal fired power" case and "The base load operation of LNG fired power" case) which examined with "1", CO2 emission in the electric generation was estimated until 2050.
3.Reviewing a list of technologies and the Clean Coal Technology Roadmap
The clean coal technologies were classified as follows.
[1]Coal thermal power generation (combustion technologies),
[2] Coal thermal power generation (gasification technologies),
[3] Industrial use
[4] environmental load-reducing
[5] A coal development technology
The commentary sheets of each clean coal technology to describe about such as the development status or a commercialization time was made.
Based on the commentary sheets, the Clean Coal Technology Roadmap until around 2035 was drawn up.
In addition, to input the clean coal technology of Japan into IEA High Efficiency Low Emission coal Technology Roadmap, the input document was made and was reported to IEA.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る