成果報告書詳細
管理番号20120000000942
タイトル平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ブルガリアにおける超臨界石炭火力発電及びCCSプロジェクトの案件形成調査
公開日2012/9/1
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社東芝
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約ブルガリアは発電量の50%近くを火力に依存しており、その90%は地場の低発熱量のリグナイト炭で運用されている。同国の石炭火力発電所の大半が効率の低い亜臨界機で構成されているうえにリグナイト炭を活用していることから、火力発電のなかでもCO2排出係数が大きくなっている。ブルガリアでCO2発生量が多い場所は、炭鉱まわりに発電所が集中するマリッツァ・イースト地区である。
一方、ブルガリアはEU加盟国であり、EU指令に従い2012年2月にCCS法が発効されたばかりである。具体的な火力発電に付帯するCCSプロジェクトの検証活動については発展途上にあり、CCS法の具体的な運用を含め定まっていないところが多い。同国のCO2の貯留ポテンシャルについては、先行する初期の検討事例はあるものの、具体的な地域に焦点を絞った詳細評価にまでは至っていなかった。
このような背景のなか、本調査においては、同国の火力発電セクターにおける石炭の高効率利用ならびにCO2削減を実現するために、超臨界石炭火力技術ならびにCO2分離回収技術の導入について検証した。火力発電所においては「CCSレディ」計画を具体化して、石炭の高効率および低炭素活用のプロジェクト案件形成に寄与することを目的とした。
CO2発生側となる石炭火力発電については、マリッツァ・イースト地区における具体的な発電所に超臨界石炭火力発電とCCS設備を増設する場合の計画とその検証を行った。CO2貯留については、先行する検討事例をもとに最も貯留ポテンシャルの高い地域に焦点を絞り、より詳細な検討を行った。CO2の発生側と貯留先を繋ぐCO2運搬については、具体的な計画とその検証を行った。
この調査の結果、ブルガリアにはCO2貯留ポテンシャルがあることが確認されたが、付帯する技術的なリスクを低減するためにも、さらなる評価を要することを提起している。一方、その評価を進める間に、超臨界石炭火力発電技術をCCSレディで計画して進めることが、将来のCO2削減効果のみならず、経済性評価の観点からも好ましいと考える。また、マリッツァ・イースト地区に炭鉱ならびに石炭火力発電所が集中している事情を鑑みても、当プロジェクトの波及効果は非常に大きいものと考える。
英文要約Presently, Bulgaria power energy sector relies 50% on thermal power, 90% of which is generated utilizing local lignite coal with low heating value. Added to the fact that majority of Bulgarian thermal power plants are old subcritical units with low efficiencies, CO2 emission coefficient in the thermal power sector is relatively high. In Bulgaria, the Maritsa East complex, where the coal mines and power stations are concentrated, stands out as the area with very high CO2 emission.
Being part of EU, Bulgaria has very recently passed its CCS law in February of 2012, in accordance with the EU directive. Development of CCS project to actual thermal power plant is still in its early stages, and therefore, there are many areas where the actual application of the CCS law is not clearly defined. There are several previous studies which have investigated CO2 storage potential in Bulgaria, however there is little work which have focused deeply to a certain area.
Under these circumstances, this study looks at the feasibility of applying Ultra Super Critical (USC) coal fired thermal power plant and CCS technologies in Bulgaria, to realize efficient use of coal and to reduce CO2 emissions in its thermal power sector. By planning a "CCS Ready" thermal power plant, it aims to develop projects which enhance high efficient use of coal with low carbon emissions.
For the power plant, the CO2 source, an actual plant extension project in Maritsa East complex was used as subject for planning and study of USC plant with CCS. For the CO2 storage, based on previous studies, focus was placed on a particular site with high storage potential, and further detailed evaluation was conducted. For the CO2 transport which connects the source to storage, actual planning and study was also conducted.
Study confirmed that Bulgaria has potential for CO2 storage, but it is proposed that futher appraisal work be conducted to lower technical risks related to knowledge. Meanwhile, it is also considered that, in parallel to this appraisal work, planning of USC thermal power plant with CCS Ready provision will benefit Bulgaria, from the standpoint of both CO2 reduction and economics. Furthermore, significant positive ripple effect is anticipated as an outcome of this project, considering that the focus of the project is placed in the Maritsa East complex, where coal mines and thermal power plants are concentrated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る