成果報告書詳細
管理番号20120000000943
タイトル平成22~23年度成果報告書 国際連携クリーンコール技術開発プロジェクト クリーンコール技術に関する基盤的国際共同研究 石炭起源の低炭素原燃料とCCSの導入・普及のシナリオに関する研究開発
公開日2012/9/21
報告書年度2010 - 2011
委託先名株式会社エス・アール・シー 千代田ユーテック株式会社
プロジェクト番号P10017
部署名環境部
和文要約世界的に温暖化対策の重要性が高まるなかで、クリーンコール技術、特に石炭起源の低炭素原燃料とCCSの役割の今後の見通しを明らかにし、生産・輸送・転換・消費までの低炭素原燃料とCCSのサプライチェーンのビジネスモデルの提示を行なうことが本研究開発の目的であり、そのため、まず、エネルギー資源の採掘から転換、輸送までの長期世界のエネルギーシステム全体の評価を意図して、CCSを含む合成燃料製造プロセスにおけるエンジニアリングデータと、それに基づくコストデータの作成および整理を行った。次に、作成したデータを用いて、エネルギーシステムの全体表現が可能であるシミュレーションモデルGRAPEを用いて、CCSを組み込んだ石炭起源の低炭素原燃料プロセスを詳細に表現したシミュレーションを実施した。さらに、得られた結果を用いて、化石燃料資源価格など前提となる将来シナリオの検討を行うことで、低炭素原燃料とCCSのサプライチェーンのビジネスモデルの提示を行った。なお、実施にあたっては、米国の関連機関との情報交換を行う他、国際的な成果発信を行った。
英文要約The objectives of the research are to highlight the future prospect of clean coal technology, in particular the role of CO2 capture and storage (CCS) and coal-based low carbon fuel, amid the rising worldwide necessity for measures to counter global warming, and to present a business model of the supply chain of production, transport, conversion, and consumption of low carbon fuel and CCS through energy system evaluation. To accomplish the objectives, four steps were conducted including information exchange with a U.S. partner organization in the form of mutual visit and workshops. First, the cost data and underlying engineering data, for the synthetic fuel manufacturing process that includes CCS was created and organized. Second, we have surveyed literatures on CO2 transport and storage, existing synthetic fuel projects and future synthetic fuel diffusion outlook documents as well as a synthetic fuel modeling framework of an international partners. Third, we have modified the existing energy modeling framework to represent detailed synthetic fuel processes including coal-based low carbon fuel with CCS. Finally, a business model for the supply chain of low carbon fuel and CCS was presented using the case study results of the simulation. Sensitivity assumed were the relative price of fossil fuel resources, CO2 price, and CO2 emission cap.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る