成果報告書詳細
管理番号20120000001067
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシアにおけるスマトラSNGプロジェクトの案件組成調査
公開日2012/9/22
報告書年度2011 - 2011
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名環境部
和文要約石炭は化石燃料の中でもっとも埋蔵量が多く、世界中に分散しているため、安定した供給が望めるエネルギーである。また、我が国は世界最大の石炭輸入国であり、インドネシアは我が国にとって2番目の供給国である。インドネシアは石炭埋蔵量の約6割が未利用な低品位炭であり、近年インドネシア内においては、石油、天然ガスの国内生産が減少してきており、低品位炭の有効利用がより重要となってきている。亜炭や褐炭が低品位炭として定義され、これらの石炭は、多くの水分を含み、発熱量が低く、炭素含有量が低い。ゆえにこれらの石炭は非常に限られた利用となっている。このような状況の中で、我が国のクリーン・コール技術を通じてインドネシアの経済成長と環境改善に貢献できれば、両国にとって石炭はより経済的で安定的なエネルギーとなりうる。
本調査においては、インドネシア南スマトラ島の低品位炭を活用した石炭ガス化による合成天然ガス(SNG : Substituted Natural Gas)製造プラントとEORの複合設備建設事業の事業可能性を調査した。
まず初めに、石炭ガス化技術および石炭乾燥技術を含む低品位炭からSNG合成プロセスの検討を行い、またブロックフローの作成及びユーティリティ消費量の算出を行った。また概略建設費の算出、SNG価格への建設費や石炭価格、CO2オフテイク価格、CO2クレジット価格等における感度分析を行い、プロジェクトの事業性について精査を行った。
次に、インドネシアの南スマトラ低品位炭を利用し、パイロットプラント規模の試験装置を用いて ガス化試験を行い、ガス化性能を評価した。
最後に候補炭鉱周りのCCS/EORのCO2貯留地の検討を行うとともに、CO2排出量削減に関する方法論の調査・検討を行った。
本調査の結果以下の知見を得ることができ、インドネシア 南スマトラにおけるSNG製造プラントの事業が十分に可能であることがわかった。
・南スマトラの低品位炭を用いてSNG合成プロセスが確立できることを確認できた。またインフラ調査、概略のUtility設備設計等を行い、プラント建設が可能な見込みを得ることができた。
・SNGの引取価格が経済性計算により10 $/MMbtuとなった。本価格は輸入LNGのCIF価格に相当するものであり、またインドネシア内のガス会社において引き取りに興味を示している価格である。
・上記 SNG価格10$/MMbtuはCO2クレジットを10 $/tonとして見込んでいる。CO2クレジット収入を見込まない場合、SNG価格は10.8 $/MMbtuとなる。SNG価格の低減を図るためにも日-インドネシア間にて二国間クレジット制度の活用が重要となる。
・インドネシア南スマトラ低品位炭にてガス化試験を行った結果、ガス化炉等へのスラグ、チャーの顕著な付着は見られず、安定した運転が可能であった。また良好にガス化できることを確認した。
・インドネシア南スマトラ低品位炭鉱から100km半径内の南スマトラにある油田に関してCO2-EORの実施可能性の調査をした結果、124箇所の油田が存在するうちの77箇所の貯留層がCO2-EORミシブルの基準をみたしていることが判った。CO2-EORよって増加する産油量およびCO2貯留可能量につき把握することが出来た。
・南スマトラ低品位炭のSNG合成プラントから発生するCO2を枯渇油田へ注入という事業における排出削減量算定に関し、その手法と排出削減ポテンシャルにつき纏めることが出来た。本事業を実施した場合、約6.29 百万トン- CO2 /年のCO2削減量が見込める。
英文要約Coal is the largest source of fossil fuel and the most stable energy due to the distributed stock in the world. Japan is the world's biggest importer of coal and Indonesia is the second coal supply country for Japan. About 60% of Indonesia’s coal is low rank coal which has been not yet developed. Recently in Indonesia, the domestic production of oil and natural gas has been decreased. It becomes more important to utilize the low rank coal. Lignite and brown coals are classified as low rank coals. The characteristics of these coals are higher moisture levels, lower energy content and low carbon content. Thus, the application of these coals is limited. In these situations, Japan could contribute to the economic growth and environmental improvement for Indonesia through Japanese Clean Coal Technology (CCT), which may lead to make coal a more cost effective and supply stable resource for Japan and Indonesia.
The feasibility study for coal gasifiered to SNG and EOR combined plant using the low rank coal in South Sumatra Indonesia was carried out in this report.
Firstly, the low rank coal to SNG process included gasification technology and coal drying technology was studied and block flow diagram and simplified utility consumption was studied. And plant capital cost was estimated. The sensitive analysis to SNG product price was studied based on the coal price / the plant capital price / CO2 Off take price / CO2 Credit price.
Secondly, the actual gasifiered test was conducted on the pilot-scale plant using actual South Sumatera low rank coal. The synthesis gas from the low rank coal was verified by Gasification test.
Lastly, CO2 EOR/CCS Screening Study around potential coal mine was studied. The reduction methodology of CO2 for Indonesia SNG/EOR plant was studied.
The results of these studies were summarized as follows and these results show that the project of SNG-EOR plant in Indonesia South Sumatra is possible to become feasible.
・Coal to SNG/EOR process was made using the South Sumatera low rank coal. There is enough possibility to build SNG/EOR plant in South Sumatera low rank coal mine according to site survey investigation and pre-design of Utility facility for SNG plant.
・The product price of SNG is 10 $/MMBtu calculated by sensitive analysis. This price is equivalent to import LNG CIF price and Indonesia’s Gas Company has intention to buy in this price level.
・As for the above SNG price 10 $/MMBtu, it includes 10 $/ton- CO2as CO2 credit incentive. If CO2 credit incentive is not considered, SNG price rises to 10.8 $/MMBtu. The utilization of BOCM methodology between Japan and Indonesia is important for this SNG to reduce SNG price.
・Coal gasification test was completed successfully. Slag was discharged very stable. No unburned carbon fell down from slag hole.
・Initial CO2 EOR/CCS Screening Study around the potential low rank coal mine was completed. The study was screening of oil fields in South Sumatra Basin of 100km radius of SNG Plant. The study collected data of 124 oil fields in the radius. 74 of reservoirs show CO2 /EOR miscible flooding.
・The reduction potential volume of CO2 was calculated and the methodology of CO2 reduction for Indonesia SNG/EOR plant was summarized. Possible CO2 Reduction volume in this plant will be about 6.29 M t/y.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る