成果報告書詳細
管理番号20120000000965
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A12002c 周波数・空間フィルタリングと目的音源追尾との有機的融合による雑音除去技術の研究開発 平成23年度最終
公開日2012/10/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人九州工業大学 水町 光徳
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約平成23年度は、本研究開発成果を実装するため、最新のFPGAとDSPを搭載し、4-ch音声入力を備えた音響信号処理ボードを製作した。また、雑音除去音声の音声品質評価に関して、客観評価と主観評価に加えて、fMRIによる音声聴取時の脳活動計測を行った。いずれの評価においても、提案法は、空間フィルタリングと周波数フィルタリングよりも優れていることがわかった。
英文要約In FY2011, an acoustic signal processing platform is designed and produced in order to implement the proposed noise reduction algorithm. It is equipped with the latest FPGA with DSP chips for dealing with 4-ch audio input. Evaluation of noise-reduced speech is also an important issue in the final stage of this project. Both objective and subjective evaluation were carried out, and the brain activity imaging was also introduced using fMRI. It is confirmed that the proposed method is superior to conventional noise reduction methods under time-varying severe noise environments.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る