成果報告書詳細
管理番号20120000000968
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A16012d 次世代IT機器のための高効率電源システムの研究開発 平成23年度最終
公開日2012/10/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人大分大学 西嶋 仁浩
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約H23年度は,次世代のIT機器向けの電源として3種類の電源技術について試作・評価を行った.
多相式コンバータ(CPU用電源)については,従来方式と比較すると,11ポイント(20A出力),7.8ポイント(40A出力時)を改善できており,電力損失としては,半減(20A出力時),40%減(40A出力時)を実現できた.
家庭内直流給電システム(48Vから1V前後に降圧)向けに考案した電源については,40%の小型化,電源からの電力損失27%減(16A出力時),36%削減(8A出力時)が実現できた.
考案したPFC回路を用いたAC?DCコンバータについては,AC?DCコンバータの体積の40%削減,電力効率の10%改善を実現できた.
英文要約In order to supply power for next-generation IT equipment, three switching power supply circuits were invented in the FY 2011.
A Proposed multi-phase converter was suitable for next-generation low voltage CPU, and power loss consumption was decreased by 50% at 20A load and 40% at 40A load respectively.
A Proposed tapped inductor buck converter, which is suitable for DC power supply house with PV solar system, improved the converter size (40% reduction). The power loss consumption was decreased by 27% at 16A load and 36% at 8A load respectively.
An AC-DC converter with a proposed PFC converter is improved the converter size (40% reduction) and efficiency (10% improvement).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る