成果報告書詳細
管理番号20120000000971
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A20202d フレキシブル実装のための金属インク直描パターン非熱的焼結技術の開発 平成23年度最終
公開日2012/10/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所 吉田 学
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約今研究期間で加圧アニール用に開発した金属ペーストの処理後の抵抗率は、従来品と比較して、アルミニウムペーストで約7分の1、銅ペーストで約5分の1と大幅に改善された。また、金属粒子と基材との密着性を向上させるため、ペーストの有機成分に熱硬化樹脂を採用した。これによって従来に比べて強固に基材に密着することが可能となり、標準剥離テスト(テープピーリングテスト)では全く剥離が見られない高い密着性が得られた。熱硬化樹脂の硬化処理温度を150℃以下にすることで、これまでは困難であったPETフィルムなどの熱可塑性フィルム上にアンテナを形成することができた。
英文要約During the period, we have developed copper and aluminum pastes for pressure-annealing process. The most significant difference between the new and conventional pastes is that the new one makes it possible to increase the filling rate of aluminum or copper particles in a printed film through design and control of the size distribution of the particles and use of a special dispersant. As a result, pressure can be uniformly applied to the surface of the printed pattern, resulting in a higher proportion of continuous conductive layer. When the conventional paste is used, pressure is not applied uniformly, resulting in a higher proportion of discontinuous conductive layer. The electrical resistivity of the developed metal pastes significantly improved after pressure annealing with the resulting resistivity being roughly 1/5 (copper) and 1/7 (aluminum) compared to that of the conventional pastes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る