成果報告書詳細
管理番号20120000000972
タイトル平成20年度~平成23年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A22010c ダイヤモンド電極による高機能電気化学センサーの開発 平成23年度最終
公開日2012/10/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名学校法人慶應義塾大学 栄長 泰明
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約検出対象物質として着目した「重金属」の中でも、カドミウム測定に対象を絞り、実用化に必要となる試料の前処理、妨害成分の影響、実試料の測定、再現性、耐久性の評価、等を行った。企業との共同研究により、基本原理として、22年度までに確立したストリッピング法を用いることで、実用化への目途をつけることができた。
一方で、新しい次世代のpH測定の可能性として、ダイヤモンドマイクロ電極を用いる方法を提示することに成功したとともに、新しい癌の評価への応用として、グルタチオンのin vivoにおける測定に成功し、新しい診断法として提示することができた。
英文要約For practical application of electrochemical sensors, target of the detection was focused on arsenic and cadmium. The detailed experimental parameters such as effects of the interfering species, stability, reproducibility, and how to pre-treat real samples etc were studied.
On the other hand, a novel method for pH measurements and in vivo detection of glutathione were developed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る