成果報告書詳細
管理番号20120000001094
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A13001d 自律的性能補償を実現するVLSI設計技術の研究 平成23年度中間
公開日2012/10/27
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人大阪大学 橋本 昌宜
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約チップ間ばらつきセンサの小面積化とばらつきデバイスパラメータ推定の高精度化を行った。遅延故障テストに基づいた適応的速度制御を行う回路の平均故障発生時間を、連続時間マルコフ過程を用いて高速に評価する手法を考案した。スキャンパスを利用したNBTI による遅延劣化を緩和する手法を提案した。
英文要約We proposed an area-efficient implementation of die-to-dievariation sensors, and improved the estimation accuracy. We developed a fast evaluation method of MTTF for adaptive speedcontrol using continuous-time Markov process. We proposed amethod to suppress NBTI-induced delay increase using scan path.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る