成果報告書詳細
管理番号20120000001099
タイトル平成23年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A18002a 高性能水中有害物質除去フィルターの開発 平成23年度中間
公開日2012/10/27
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人信州大学 手嶋 勝弥
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約・ステージIの新規研究展開:硝酸性・亜硝酸性窒素などの陰イオンを除去できる新規浄化用結晶材料としてMg-Al系複水酸化物(LDH)をフラックス育成し,吸着剤としての可能性を確認できた。
・浄水器用フィルター(第1世代)の量産性・リサイクル性検討:目的性能を備えるチタン酸塩結晶材料を工業原料から育成できた。また,吸着使用済みの結晶材料をフラックス処理(洗浄)することで,再利用できることも確認した。
・浄水器用フィルター(第1世代)の安全性評価:結晶材料(量産化品)を通じた吐出水の生態安全性(ヒメダカ・オオミジンコ・藻類)を評価したところ,全く毒性や悪影響が無いことを確認した。
・国内外水質研究とフィルターマテリアルデザイン(試作):国内典型水源と海外の水源各1か所で浄水フィールドテストするための第1世代フィルターを試作し,金属イオン吸着特性を評価を開始した。
英文要約*Novel research (Stage II): Mg-Al system layered double hydroxide (LDH) crystals having anion adsorption properties were successfully grown by the flux method using.
*Mass production of titanate crystals (Type I): Titanate crystals with good ion adsorption property were grown by the flux cooling method using industrial powders as starting materials.
*No toxicity for organism: There is no toxicity of water through the flux grown titanate crystals (Type I).
*Research of water quality in domestic and international regions: For water purifier field tests in domestic and international regions, novel filter samples using the flux-grown titanate crystals were fabricated, and the evaluation of metal ion adsorption properties was started.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る