成果報告書詳細
管理番号20120000000010
タイトル平成19年度~平成22年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46035a テラヘルツフォノン共鳴スペクトロスコピーによる超高感度バイオセンサシステムの実現 平成22年度最終
公開日2012/11/27
報告書年度2007 - 2010
委託先名大阪大学 荻 博次
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約ファイバーレーザーを用いたコンパクトな光学系を構築した.これにより,ガラス基板上に成膜したPt ナノ薄膜振動子を高S/N 比により励起することができた.自作のフローシステム系を光学系に組み込み,抗原抗体反応をモニタリングすることに成功した.その結果,従来の振動子センサよりも大幅に感度を向上させることができた
英文要約We have developed a compact optics with a fiber pulse laser and succeeded in exciting ultrahigh-frequency vibrations of Pt thin films deposited on glass substrate with a high S/N ratio. By incorporating the homebuilt flow-injection system into the optics, we successfully monitored antigen-antibody reactions with significantly higher sensitivity than previous oscillator biosensors.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る