成果報告書詳細
管理番号20120000000785
タイトル平成23年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証 地域導入可能性調査 茨城県における水素供給インフラの導入可能性調査
公開日2012/11/13
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社ユニバーサルエネルギー研究所
プロジェクト番号P11003
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成23年度成果報告書 地域水素供給インフラ技術・社会実証「物流・観光事業等における水素インフラの活用可能性と地域産業の復興に向けた調査研究」~北関東の物流拠点「茨城県」の水素インフラ整備に向けた取り組み~
【目的】
 本調査研究は、東日本大震災において甚大な被害を受けた茨城県の県北部・海岸部や筑波山周辺に集積する観光産業の活性化、ならびに合理的な水素供給インフラの利活用の在り方について検討を行い、茨城県における地域産業の活性化と災害に強いまちづくりの構築に資する事を目的とする。
【概要】
1観光拠点における水素供給インフラの在り方
 まず茨城県における、観光客の流動実態を分析した。県内各自治体への観光客の流れは、北部ほど県外からの流入傾向が低い。一方、大洗町、つくば市では6割程度の観光客が県外からの流入となっており、今後観光客流入増加を図る上では、県外からの観光客流入が重要な要素となる。 県南に位置する茨城空港利用客は、比較的空港から近くて行きやすい水戸市、つくば市地域、もしくは全国的に有名な地域へのアクセスが多い。これらの事を踏まえ、FCVへの水素供給インフラ整備や水素の初期需要開拓の方向性についても検討を行った。観光関連での水素需要が見込まれる可能性として、燃料電池バスで観光地を結ぶルートを想定し、友部地区・大洗地区・鹿島地区の三拠点に仮に水素供給インフラを設置することを想定した評価を行った。
2水素供給インフラを活用したモデル事業
 県内有数の観光地が集積する(1)大洗地区、物流拠点として大きな水素需要が見込まれる(2)友部地区(常磐自動車道友部SA付近)、水素の安価供給が実現し得る(3)鹿島地区(鹿島港付近)を水素供給拠点としたモデル事業を検討した。
 まず、大洗町役場近辺に充填設備の設置を想定し、水戸駅と大洗を結ぶ那珂川を経由するバスルートを設定し、水素燃料電池(または水素エンジン)車両の水陸両用バスの導入を検討した。
 また、常磐自動車道と共に北関東自動車道にも直結する友部SA近傍への充填ステーション設置を検討した。当該地点は水素の搬入(水素タンクローリー)においても、高速道路を走行する水素燃料電池車両に対しても利便性が高い。一般の水素燃料電池車両ユーザー向けだけでなく、物流拠点としても好適と考えられる。
 最後に、広大な工業地帯が広がる鹿島港は水素ステーションの設置場所としても好適で、水素の供給能力を有する企業・工場が多く立地している。そのため県内で生産した水素の県内利用を推進する水素エネルギーの地産地消モデルともなり得るほか、港湾施設での燃料電池普及に伴う水素需要の拡大も期待できる。
3モデル事業における水素需要と今後のシナリオ
 水素供給インフラを活用したモデル事業として、次の2つのシナリオを想定し、これによって期待し得る水素需要を検討した。
 シナリオ1:水戸と大洗間の水陸両用バス想定路線(1周回約35km)。この内水路分運行距離は約20kmである。仮に本シナリオで一日2往復、夏季5往復の運航を想定すると、これによる新たな水素需要は水素燃料電池バス導入時は82,593 Nm3/年,
水素エンジンバス導入時に38,429 Nm3/年と想定された。
 シナリオ2:現行1日辺り70往復程度運行されている東京駅(八重洲口)~鹿島地区間(約105km)の路線バスのうち、1割を燃料電池バスに置き換えることを想定すると、これによる年間水素需要量は894万Nm3/年と推計された。
 以上の結果から、シナリオ1の場合 水戸~大洗周遊水陸両用バス、シナリオ2の場合は東京~鹿島地区を結ぶ燃料電池バス各々の水素需要量が、この地域の水素初期需要となることが期待できる。
英文要約Title: The technology of the local hydrogen supply infrastructure and its community demonstration. Research Studies on Utilization of the Hydrogen Infrastructure in the Logistics and Tourism for the Reconstruction of the Local Industry~Initiatives to develop the hydrogen infrastructure in Ibaraki Prefecture, the logistics hub in the North Kanto. (FY 2011) Final Report
[Purpose]
This study aims to contribute to the activation of the local industry and the construction of disaster-resistant town in Ibaraki Prefecture, examining the way to activate the local tourism in the northern and coastal areas that suffered severe damage by the Great East Japan Earthquake and the area around Mt. Tsukuba, and the modality of effective utilization of hydrogen supply infrastructure.
[Overview]
1. The modality of hydrogen supply infrastructure in the tourism hub.
At first, the tourist fluidity in Ibaraki Prefecture is analyzed. The 60% of the tourists to major tourist town, Oarai and Tsukuba are from outside the prefecture. The critical factor to increase the number of tourists is to attract more tourists from outside prefecture.
On the basis of the analysis, the direction of the construction of hydrogen supply infrastructure for FCV and the development of initial hydrogen demand is considered Assuming the possibility of hydrogen demand in tourism, a route to connect tourist spots by a FC bus is simulated and hydrogen supply infrastructures are set in three districts; Tomobe, Oarai and Kashima.
2. Model project utilizing hydrogen supply infrastructures.
In the model projects three districts are chosen as the hydrogen supply base, Oarai, Tomobe and Kashima.
Firstly, an amphibious bus by hydrogen FC or hydrogen engine would be introduced, on the assumption of the filling equipment installed near the town hall of Oarai and the bus route between Mito Station and Oarai through the Naka River.
Secondly, Tomobe SA is reasonable site to install the filling station to carry the hydrogen by tank lorry and for FCV users. The site is suitable as a logistics hub as well.
Finally, Kashima Harbor, a vast industrial district, is suitable as the site of hydrogen station. By-product hydrogen is available here. Introducing a hydrogen station in the area will facilitate the local production for local consumption of hydrogen energy and the expansion of hydrogen demand along with the diffusion of hydrogen fuel cell in the harbor facilities.
3. Hydrogen demand in the model project and its future scenario.
As a model project that utilizes a hydrogen supply infrastructure, the hydrogen demand is examined, assuming the following two scenarios.
Scenario 1: Assuming that the amphibious bus system will be operated between Mito station and Oarai twice a day, or five times a day in summer, the amount of new hydro demand would be 82,593Nm3 per a year by hydrogen FC bus and 38,429Nm3 a year by hydro engine bus .
Scenario 2: Currently, expressway buses run between Tokyo Station and Kashima about 70 times a day. If the 10% of the operation of bus system is replaced by the FC bus, the amount of hydrogen demand would be estimated as 894 million Nm3 per year.
Thus, the amount of hydrogen demand by the amphibious bus between Oarai and Mito in the scenario 1 or by fuel-cell buses between Tokyo and Kashima in the scenario 2 will be the initial hydrogen demand in the region.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る