成果報告書詳細
管理番号20120000000763
タイトル平成22年度~平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 協力基礎事業 太陽光発電技術等活用キャパシティービルディング研修(アジア地域)
公開日2012/12/4
報告書年度2010-2011
委託先名株式会社エイジアム研究所
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約件名: 平成22年度~平成23年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 協力基礎事業 「太陽発電技術等活用キャパシティービルディング研修(アジア地域)」
本研修事業は、アジア諸国における太陽光発電などの再生可能エネルギー発電システムの技術水準向上及び一層の普及・定着を実現するため、対象国における課題・テーマ等を明確化し、リーダーとなるマスタートレーナー等の養成、現地語の教科書及び教育プログラム等の作成により、対象国における技術管理者等の能力向上や認証・資格者制度等の構築支援を総合的に図るものである。
上記目的を達成するため、平成22年度に2回、平成23年度に5回、合計7回の研修会を開催した。このうち、平成22年度に開催した第1回及び第2回研修会では、主として太陽光、太陽熱、マイクロ水力、風力、バイオマス及びディーゼル・ミニグリッドの発電システムに関する基礎知識技術や基礎設計技術等について講義や演習・実習を実施した。
平成23年度には、上記の基礎的な知識をベースとしてより実践的・応用的な研修を実施した。まず、第3回研修会では前回の研修事業で認定されたマスタートレーナーのフォローアップを兼ねて、ミニグリッド・ハイブリッドシステムについての実習や単独運転防止法等、第4回研修会では、「CLOVER」と称する設計支援ツールを活用したPVハイブリッドシステムの設計技術について講義・演習並びに実例紹介、運転・維持管理制度、CDM等、第5回研修会ではバッテリー技術・マネージメント、落雷対策、PVミニグリッドの系統連系、規格・認証制度に関する講義、経済性評価の演習や、カントリーレポート等の発表演習等、を実施した。第6回研修会では、モデルプランの完成まで指導を行うとともに、大規模PV発電及び系統連系、導入環境に関する講義のほか、メガソーラーなどのサイト研修、「公開セッション」等を実施した。さらに、この研修会では第7回研修会(自国研修)に備えて、研修生が作成中のカントリーレポート、モデルプラン、NEDO実証事業サイト調査結果並びに研修生自らが選択した科目に関する講義用教科書のブラッシュアップを図るため、講義等を担当した講師等が指導を行い、最終日にはマスタートレーナーの認定証を授与した。
最後に、本研修事業の最終目標である自国研修をマレーシア、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ネパール及びモンゴルの順に開催し、マスタートレーナーとなった研修生は自国語に翻訳・編集した講義用教科書を使用して、自らが招待した自国の聴講生に対して講義を実施した。
以上のほか、基本的項目を体系的に記述した標準教科書を作成するため、再委託先に標準教科書編纂委員会を設け、本委託期間中に合計7回の委員会を開催し、諮問を受けた。また、「NEDO実証事業サイト調査」の一環として、モンゴル、ミャンマー及びベトナムにおいて実証研究のために設置したハイブリッドシステムの商用電源との系統連系のための改修作業あるいは不具合原因究明のための現地調査を、いずれも我が国の専門家の指導のもと実施した。
さらに、研修生の研修内容に関する理解を高めるためのフォローアップならびに研修運営支援(ロジスティックス)の効率化を図るべく、専用ウエブサイトを構築し、平成22年11月に開設した。さらに、平成23年6月には研修アンケート結果がサイト上で処理できるよう改修した。また、研修生の副教材に資するため、NEDO導入ガイドブック等の必要箇所の英訳・編集作業を実施し、成果物は上記専用ウエブサイトに搭載した。
英文要約Title: International Energy Consumption Efficiency Technology Promotion Cooperation Support Project to Improve Maintenance Skills for Photovoltaic and Other Renewable Power Generation Systems
The objectives of the Support Project are to provide comprehensive support for the skill development of technical managers, and establish certificate and qualification systems in the target countries by identifying clear challenges, themes, training Master Trainers who will become future leaders, and developing textbooks written in participants’ native languages and curriculums.
For above objectives, seven training sessions were held from September 2010 to March 2012. At the first and second training sessions, lectures and exercises were conducted concerning basic knowledge and basic design skills for PV, CPS, micro-hydro, wind power, biomass, diesel power, and mini-grids. At the third training session, lectures and exercises on minigrid, islanding prevention method etc. were implemented, and this session had a role to follow up the Master Trainers who were certified in the former training project. At the fourth training session, design technology on PV hybrid systems was lectured by using the design support tool “CLOVER,” also the operating/maintenance management, CDM, etc. were lectured. At the fifth training session, lectures on battery management, lighting protection, grid interconnection of mini-grids, certificate and qualification systems etc. were implemented. The sixth training session provided the instruction to complete model plans, and the lectures were extended to large-scale power generation, grid interconnection, and introduction environments. Also, the site inspection tours and the ‘Open session’ were conducted. Furthermore, trainees were given the guidance by the participating lecturers to brush up country reports, model plans, NEDO project site survey reports, and self-selected subject textbooks to prepare for the seventh training session (in-country training) “Master Trainer” certifications were awarded on the last day. Finally, this project’s ultimate objectives, “In-country Trainings” were fulfilled in Malaysia, Philippines, Vietnam, Myanmar, Nepal and Mongolia, between January and March this year. There, Master Trainers implemented the lectures for their invitees by using the textbooks written in their native languages.
In addition, Standard textbooks editorial committee was set up to prepare the standard textbook which state essential RE items systematically. As a part of NEDO demonstrative research project, the sites surveys were conducted in Mongolia, Myanmar and Vietnam for providing the interconnection into commercial grid system or investigating the cause of trouble on the PV-hybrid systems, as Japanese experts joined at all sites to give guidance.
Furthermore, the exclusive website was established to follow-up the comprehension of each training session, and ensure the efficient logistics support. English translations of “NEDO Introductory Guidebooks”, etc. were undertaken and outcomes were placed on the website as supplementary materials.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る