成果報告書詳細
管理番号20120000000872
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシアのセメント工場における低品位炭等高水分燃料の排熱乾燥プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/20
報告書年度2011-2011
委託先名宇部興産株式会社/宇部興産機械株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約インドネシアにおける石炭利用の実態や、その背景となる資源量やインドネシア政府の石炭政策、市場動向などを低品位炭利用の観点から調査した結果、様々な側面から低品位炭利用の拡大が、今後より一層推進されることが予測された。インドネシアのセメント工場では、低品位炭を中心に高水分燃料の利用拡大が図られているものの、設備面での制約や熱効率の低下などの課題がある。一方で、セメント工場での熱回収には積極的な取組みがなされているものの、低温排熱はその大半が未利用のまま放出されているのが現状である。本調査では、これらの未利用排熱(特に、70~200℃レベル)を回収し、既存の設備への送入前に低品位炭を乾燥することで、従来の高品位炭相当の発熱量を有する燃料に加工するプロセスの導入に関する検討を行った。セメント製造設備で使用する焼成燃料用石炭を、クリンカー・クーラー排熱を回収して乾燥する設備を設置するケースを主体に、設備設計を行い、設備費の算定を行った。
さらに、二国間オフセットクレジットスキームを活用し、インドネシアのセメント産業を対象とした「低温排熱回収利用型石炭乾燥システム」の導入を想定した「MRV方法論の検討」および「CO2削減ポテンシャルの推計」を行い、「低品位炭の排熱乾燥によるCO2削減方法論」として提案するとともに、当該方法論を用いたCO2削減効果を推計した。その結果、乾燥機給炭量75t/hのプロジェクトケースでは、乾燥に化石燃料(LNG)を用いて乾燥したケースと比較して、年間約3万t-CO2の削減効果が得られると試算された。また、対象国におけるCO2削減ポテンシャルを推計すると、現状(2011年時点)で概ね50~55万t-CO2、2020年以降では90~180万t以上となる。
英文要約Indonesian domestic coal consumers are required to expand the amount of low-grade (high moisture) coal utilization, because of Indonesian coal circumstances such as reserve and its coal rank distribution, increasing demand of domestic use and government policy expanding use of low-grade coal, and price merit depend on coal-rank. Utilization expansion of low-grade coal is aimed at in many cement plants in Indonesia. It is necessary to resolve the subject of preventing restrictions of facility modification both physically and economically, and important to note significant performance degradation in thermal efficiency may be occurred. On the other hand, active effort to heat recovery in cement plant is considered positively, but the actual situation is the most of discharged low-temperature waste heat has been unused. In this study, unused waste heat (especially in range of 70-200 deg. C level) is recovered, and it performed investigating about installing of the facilities processed into dry coal which has equivalent calorific value to high grade coal by drying low grade coal before supply to the existing coal milling facility. We have performed the facility design with waste heat recovered from the clinker cooler, and the amount of capital investment was estimated in case of coal feed rate of 75 t/h to the cement plant.
"Low-temperature waste heat recovery system for coal drying" is one of the low carbon Technology. In this research, we implemented "Development of MRV Methodology", and "Estimation of Reduction Potential of CO2 in the cement industry of Indonesia" for this technology. And, we also collected the information about climate change policy and energy policy in Indonesia which is needed on the occasion of the above-mentioned examination. We developed "Methodology for the Calculation of Reduced CO2 amount for the waste heat recovery system for coal drying", and estimated the CO2 reduction effect using the methodology. As a result, in the project case of coal amount of supply 75 t/h to a drier, as compared with the case which used the fossil fuel (LNG) for dryness, we made the trial calculation, when the reduction effect of about 30,000 t-CO2/y was acquired. And, when we estimated the reduction potential of the CO2 in a candidate country, it turned out that it is set to about 500,000 to 550,000 t-CO2/y currently in maximum, and is set to more than 0.9 to 1.8 million henceforth 2020.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る