成果報告書詳細
管理番号20120000000898
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシア国における新設地熱発電プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名丸紅株式会社、株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本事業は、インドネシア国の大規模発電計画の一翼を担っている地熱発電プロジェクトの形成促進を目指すものである。
 同国は近年旺盛な国内需要に支えられ年平均約6%の経済成長を遂げているが、成長を持続的に推進していくためには、安定的なエネルギー供給が不可欠である。2009年の同国全体の電力ピーク需要は2万5,171MWであり、同国の国有電力会社・PLN作成の電力供給計画によると、現存する電源設備容量は同国全体で3万230MWであり、急増している電力需要のために、電源設備予備率はPLNの目標値である35%を大きく下回る20%程度となっている。電力供給不足の解消は同国の喫緊の課題となっている。
 この課題を解決するため、同国政府はクラッシュプログラムと呼ばれる大規模発電計画を策定しており、2010年1月に発表された第2次クラッシュプログラムでは、2014年までに新たに約10,000MWの新規電源を開発することが発表された。地熱発電は、目標とする約10,000MWの電源開発のうち、3,967MW(約40%)を賄う目標となっている。同国は27,000MW相当の世界有数の地熱発電ポテンシャルを有するものの、これまでの開発状況は約1,200MWと非常に限られており、第2次クラッシュプログラム達成のためにも地熱発電の開発が急務となっている状況である。
 地熱発電プロジェクトに適用可能なCDM方法論は、ACM0002(再生可能資源を利用したグリッド接続発電の為の統合方法論)というほぼ確立した方法論が存在する。同国においても登録された地熱CDM案件が4件存在することから、同国の地熱案件であればまずCDMの活用が考えられる。しかしながら、1.地熱のポテンシャルに対して、案件数が少ない、2.登録された12件を分析すると提案から登録までに平均2年の歳月がかかっている、3.7件のプロジェクトからは既にクレジットが発生しているものの、PDDで計画したCERに対して、認められたCERの量は63%(全CDMプロジェクトの平均94.5%)にとどまっている等、CDM案件として事業を推進するには、追加性の立証等、未だ障壁が存在することを示唆している。追加性の立証については、地熱プロジェクト特有の問題ではないが、CDMで登録プロセス長期化の要因となっており、一方で、追加性の立証でCERの収入をあてにした投資分析を行ったとしても、前述の通り、地熱のCERは期待の63%しかクレジットは発生していない。これは、事前に投資分析によってCERの収入なしにはやっていけないとした多くの発電所が、実際には稼働しているという事実を示している。それが現実であるならば、地熱プロジェクトにおいて追加性の立証に多大な時間をかけることにはあまり意味がないことになる。再生可能エネルギー、一部省エネ等に関しては、自動的に追加的と見なし、排出削減クレジット付与の対象とするポジティブリストを作成することが望ましいと考える。
財務的内部収益率 (FIRR)の計算結果は、クレジット収入有り:12.02%、クレジット収入無し:10.46%となり、前提条件に基づき二国間クレジットの収入がプロジェクト実施主体にもたらされた場合、年間約US$16.4Millionのクレジット収入が発電開始後10年間にわたりプロジェクト実施主体に付与されることから、この経済的効果は、O&Mコスト、EPCコストがクレジット収入にて軽減出来るなど、同国における地熱発電所の新規開発推進に大きく寄与するものと言える。
英文要約This study aims at forming and promoting Geothermal Power Generation project which is one of important power-source in Indonesia.
In recent years, Indonesia has achieved average annual economic growth of around 6% supported by healthy domestic demand, but in order to sustain this growth, a stable energy supply is indispensable. In order to address this problem, the country’s government formulated a large-scale power generation plan known as the Crash Program, and the second Crash Program announced in January 2010 stated that around 10,000 MW of new power supply is to be developed by 2014. the second Crash Program puts the emphasis on developing renewable energy such as geothermal power generation. The goal is for geothermal power generation to cover 3,977 MW out of the power development target of approximately 10,000 MW. According to a JICA study, with a potential of 27,000 MW, the country could become the world’s leading geothermal power generator. However, development thus far has been extremely limited at approximately 1,200 MW, and geothermal power generation development is imperative in order to attain the second Crash Program’s goals. One of the applicable CDM methodologies for geothermal power generation projects is the ACM0002 methodology (a consolidated methodology for grid-connected power generation using renewable sources), which is fairly well-established. Based on the fact that four geothermal CDM plans have been registered in Indonesia, it would seem that the CDM is the first option for geothermal plans in the country. However, the facts including (1) the number of plans is low in view of the country’s geothermal potential, (2) when the 12 registered plans are analyzed, it takes an average of two years from proposal to registration, and (3) while credits are already being generated from seven projects, the amount of approved CERs is 63% of the amount projected by PDD (average of 94.5% for all CDM projects) suggest that barriers still exist to moving projects forward as CDM plans. Regarding the verification of additionality,,.It would be preferable to automatically treat renewable energy and some energy-conservation methods as being additional and create a positive list covering emission reduction credit grants .FIRR (Financial Internal Rate of Return) are calculated as 12.02% (with Credit Revenue ) and 10.46% (without Credit Revenue ). Credit Revenue from BOCM will bring the economic effects like reduction of O&M cost and EPC cost etc, and It would surely contribute to the promotion of new development of Geothermal power plant in Indonesia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る