成果報告書詳細
管理番号20120000000899
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシア共和国における地熱発電設備(フラッシュ方式及びバイナリー方式)導入に伴う温室効果ガス排出削減プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名住友商事株式会社、富士電機株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約1.事業概要 インドネシアには地熱資源が豊富に存在している。これを利用する地熱発電は温室効果ガス排出が極めて少ない発電方式であり、同容量の火力発電導入に比べ、地熱発電を優先的に導入することで温室効果ガス排出を低減することが可能である。本事業では、フラッシュ方式の地熱発電プロジェクトに加え、既設フラッシュ発電設備で蒸気生産時に分離された未利用熱水を有効活用できるバイナリー発電設備の付加に関する検討も行った。フラッシュ発電についてはスマトラ島の西スマトラ州及びランプン州の2プロジェクトに関し調査を実施、Net設備容量は各220MWの発電設備導入を想定した。バイナリー発電についてはスラウェシ島北部のプロジェクトで調査を実施、Net設備容量で計2,646kWの発電設備導入を想定した。2.プロジェクト排出削減量はフラッシュ発電では西スマトラ州のプロジェクトで993,428tCO2、ランプン州のプロジェクトでは1,138,623tCO2と計算された。バイナリー発電ではスラウェシ島のプロジェクトで2,521tCO2と計算された。同様のバイナリー機器をスマトラ島で導入した場合、島全体で15,497tCO2、同様にジャワ島では14,871tCO2と計算された。3.インドネシアにおける排出削減ポテンシャルは地熱開発ロードマップ基づき地熱発電設備導入が想定通りに進んだ場合、2020年度の削減ポテンシャルが約3,150万tCO2、2025年度には約4,990万tCO2に達すると計算された。他方、地熱開発ロードマップでは考慮されていないが、フラッシュ発電へのバイナリー発電の付加(8,700MWと試算)に伴う追加削減ポテンシャルも約4,730万tCO2と相当量があることが推定された。3.CDM方法論の改善については、先ずベースライン排出量算定に関して、政府機関等による各Gridの最新排出係数の開示、ベースライン排出量算定方法論のスリム化、OM値算定手法の改善、BM値算定手法のオプションの設定、設備更新・増強プロジェクトに係るベースライン排出量算定方法論の改善が有効であると考えられる。またプロジェクト排出量算定とモニタリングにおいては、現地事情に則した方法論への改善が求められる。さらに、追加性の立証については事業者のコスト削減の為のポジティブリストの公表が望まれる。これらの改善により、排出権獲得がより予見可能になり、事業者の案件の組成促進と排出権獲得に要する時間・費用等の軽減が図られるものと考える。5.事業化の見通し・課題 フラッシュ発電プロジェクトでは、2012年以降資源量確認の為の井戸掘削を開始、2015-16の事業化(商業運転開始)を予定している。今後の課題としては、事業性を支えるに十分な資源量の確保及びプロジェクト・ファイナンスの組成等が考えられる。バイナリー方式を使用したプロジェクトに関しては、インドネシアでの速やかな導入を図る為に、バイナリー方式への理解を深める活動を通じて採用への働きかけを行うとともに、経済性の改善のためにファイナンスを含めて検討を続けること等が考えられる。
英文要約1 Outline of this Project: Indonesia has huge volumes of geothermal resources. Geothermal power plants emit very small levels of GHG compared with other types of thermal power plants. Accordingly, installation of geothermal power plants achieves GHG emission reductions. This study was conducted regarding not only flash cycle geothermal power plant but also about add-on of binary power plant (to flash cycle geothermal power) which will utilize un-used brine produced by separator in flash cycle geothermal power plant. For flash cycle geothermal power plant, study was conducted on two projects, each located in West Sumatera province and Lampung province of Sumatera Island, assuming to install net capacity 220 MW plants for each. For binary power plant, study was conducted in northern part of Sulawesi Island, assuming to install total 2,646kW. 2 Emission reductions were estimated 993,428tCo2 for the flash cycle power project in West Sumatera province and 1,138,623tCo2 for the flash cycle project in Lampung province. For binary power plant project, estimated reduction of GHG is 2,521tCo2. Assuming installing same type of binary plants in Sumatera Island and Java Island, estimated emission reductions are 15,497tCo2 and 14,471tCo2 respectively. 3. In case geothermal power generation is developed in accordance with geothermal development roadmap, potential emission reduction in 2020 will be reached to 31.5million tCo2 and 49.9million tCo2 in 2025. On the other hand, there are no consideration made regarding add-on binary power plant to flash cycle geothermal power (its installation potential is assumed 8,700MW) in the roadmap, it is assumed that the additional emission reduction will be huge quantity, approx. 47.3million t/Co2. 4 Suggested Items for Possible Improvement in the Relevant CDM Methodology: For calculation of base line emission, it will make the process effective if governmental authority can officially issue the latest emission factor. Also, simplifying baseline emission calculation methods, improvement of OM/BM calculation methods, improvement of methodology for retrofits and expansion projects will be necessary when methodology for BOCM is designed. In addition, improvements are needed for calculation of project emission and monitoring reflecting local conditions. Further, it is desired to public a positive list of the projects to reduce cost to prove additionality issue for project owner. By those improvements, project owners can foresee about possibility to get CDM credits and can save time and cost for project development and obtaining CDM credits. 5 Project plan and expected barriers: For flash cycle geothermal power plant project, drilling work will be commenced from year 2012 to confirm quantity of the geothermal resources, then commercial operation is expected to start in year 2015 to 2016. Confirmation of enough geothermal resources to make project financially feasible and establishing non-recourse project finance will be main issues for project development in future. For binary system, first of all, to improve related party’s proper and well understanding of binary system is essential for future installation. Also to improve economical feasibility, study on possible finance scheme shall be considered.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る