成果報告書詳細
管理番号20120000000900
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシア共和国における小水力発電プロジェクトに対する日本の技術およびファイナンス活用案件発掘調査
公開日2012/12/20
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社インダストリアル・ディシジョンズ
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査では、インドネシアの小水力発電プロジェクトを対象に、日本の技術導入可能性と投資家資金の活用、二国間スキームの検討を行った。インドネシアにおける小水力発電の開発ポテンシャルは7600MW以上と大きく、その開発が期待されている。しかし同国政府内の現状は、思うように進んでいるとは言えない。実情として、水利権を持ち、小水力発電プロジェクトへの開発意欲の高い事業者は多数いるものの、資本力の弱い中小事業者であるため、地場金融機関の融資を受けなければ開発を進めることは難しい。しかしながら、一方の地場金融機関においては、プロジェクト事業者の信用リスクを理由に融資を躊躇するケースが多く見られる。また、地場金融機関自身の経験不足もあり、小水力発電プロジェクトに対するサポートは十分に進んでいない状況である。始めに本調査を通じ、小水力発電プロジェクトの開発が進まない理由を、(1)プロジェクト事業者の信用リスク、(2)プロジェクト自体のリスク、(3)地場金融機関の経験不足の3点に整理した。そのうえで、これらの課題を解決し、インドネシアにおける小水力発電プロジェクトの開発を促進するスキームの構築につき、検討を行った。また、スキームの導入候補先を対象とした事業性についても検討を行った結果、日本の国内手法に基づく、より厳密な計算においても、現地小水力発電の事業性は高いと評価された。さらに、信頼性の高い日本製機器を導入することによって、安定的な発電が可能になるとともに、広域保守管理のノウハウ等を適用することで、より効率的な運用が可能であることが明らかとなった。一方、資金調達の観点では、事業者の信用力の欠如を補うべく、プロジェクトファイナンスとしての融資をベースとすること、また、エネルギー・インフラファンドやJBICの2ステップローンなど、日本の投資家資金を活用することによって、事業の組成が強まることを確認した。さらに、二国間クレジットの活用における検討では、当該クレジットの収益がプロジェクトの組成に与える影響について、移転時期/移転量/移転価格などの変化に合わせていくつかのケースを想定し、キャッシュフローモデルを作成して比較を行った。その結果、発電プロジェクトの商業運転開始直後にクレジットを発行し、その収益を事業者に還元することによって、プロジェクト組成のボトルネックとも言える、資金繰り問題の解決に寄与できることが明らかとなった。したがって、クレジット収益をプロジェクトに充当できる確度が高まれば、地場金融機関の融資可能性も高まり、結果としてプロジェクトの組成可能性を高めることに繋がると考えられる。今後の方針としては、具体的な小水力発電プロジェクトを特定し、より詳細な組成の検討を行うとともに、二国間クレジット制度の早期の確立を求めていくものとする。
英文要約Through the study, we have verified the possibility of utilizing Japanese technology, financial support from Japan, and also the effectiveness of a new carbon credit scheme ,which may be applicable to Bilateral Offset Credit Mechanism (hereafter “BOCM”), on actual small hydro-power projects (hereafter "SHPP") in Indonesia. Despite the large potential of SHPP of approximately 7,600MW, Indonesia has not seen as much development of SHPP as expected by relevant parties, such as project owners, financial institutions and government agencies. In practice, although there are a lot of parties who have vested rights and the ambition to develop SHPP, most of them have difficulties in progressing the development as they usually lack the capital and financial support from local banks. Local banks also have their difficulties with few staff having the relevant knowledge and experience of evaluating SHPP. Due to such factors, the development of SHPP in Indonesia has been in belated. Through the survey and study, we have concluded that the reasons for hindering development of SHPP are (1)Credit risk of project owner, (2)Risk of Project itself, (3)Lack of experience of local banks of evaluating SHPP. We also have studied the schemes which contribute to solving those challenges above. In order to enhance the credit of Project itself, effectiveness of utilizing Japanese technology is studied by conducting F/S on actual two SHPP in Indonesia. The study conducted under the Japanese method shows that the two projects have high feasibility. Furthermore, there is a possibility that the plant can be operated more effectively by utilizing “remote monitoring system” and “wide area maintenance system” developed and proven in Japan. In order to reduce credit risk of project owners and Project itself, the scheme utilizing participation of experienced Japanese companies and financial support from Japan (Two-step loan of JBIC and equity investment from a fund) is studied. We have concluded that the scheme can increase the possibility of the owner or project receiving financial support from local banks. Furthermore, to evaluate the effectiveness of a new carbon credit scheme under the BOCM, we have analyzed the impact of credit revenue to the project development through cash flows in different cases and determined the best timing to provide cabon credit sales revenue to SHPP. As a result of this analysis, we have concluded that if we can have carbon credit transaction slightly after start of commercial operation, revenue from carbon credit transaction can be used to solve the bottleneck of cash flow and reduce project owners’ burden greatly. We have concluded that both financial and credit scheme can be helpful for the relevant parties to develop their projects. In the short-term, identification of the potential SHPP and detail consideration on the development along with establishment of BOCM are necessary for further fostering of the projects in Indonesia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る