成果報告書詳細
管理番号20120000000901
タイトル平成23年度成果報告書 モザンビーク国の無電化地域におけるバイオディーゼル発電及び太陽光発電のハイブリッドシステムによる電化プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社エックス都市研究所、株式会社沖縄エネテック、日本植物燃料株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約モザンビーク共和国(以下、モ国)における電力普及率は17 %程度であり、政府はその対策の一つとして、再生可能エネルギーによる無電化地域の電化政策を掲げている。本調査ではこうした電化ニーズに対し、太陽光や風力発電とバイオディーゼル発電のハイブリッドシステムとミニグリッドによる電化プロジェクトを提案し、二国間クレジットメカニズムの下での実現可能性を調査する。また、二国間クレジットメカニズムのMRVも併せて構築する。
本調査では、カーボデルガド州の全57郡を調査し、「グリッド」、「グリッド延伸計画」及び「発電機」の全てがない無電化地域24郡を特定し、電化プロジェクトの候補対象サイトとした。このうち、実施可能性の高いサイトとして、ヤトロファ栽培を行っている農民組合が存在するマコミア県キテラジョ郡の村落を最優先候補サイトとして特定した。
本プロジェクトで提案する電化技術は、日本技術をコア技術とし、コンテナを架台にした太陽光発電20kWとコンテナに収容されたディーゼル発電50kWをハイブリッド制御し、三相4線式低圧配電線によって配電するものである。ディーゼル発電燃料はヤトロファの脱ガム油(メチルエステル化はしていない)を用い、脱ガム油製造施設も併設する。
  
発電事業はNBFが現地法人を設立して運営する。電気料金は定額制とし、支払いは民家近隣5世帯の連帯責任制にする。電気料金は現金支払いのみならず、ヤトロファの種子を持ち込むことで対価と認める。給電は主に18時~22時であるが、昼間は脱ガム油の製造用に発電を行う。また、キテラジョ郡では漁業が盛んであり、鮮魚の保存用の氷に対する需要があることから、製氷販売事業を計画し、事業収益の向上を見込む。
GHG削減量は後述のMRVにより約101t-CO2/年と算定された。リファレンス排出量はバイオディーゼル及び太陽光発電により106t-CO2/年、プロジェクト排出量は運転開始時と終了時の軽油発電により5 t-CO2/年、リーケージは0 t-CO2/年であるため、削減量は合計約 101t-CO2/年となる。また、モ国にはこのような無電化村落が少なくとも3,000箇所はあると考えられるため、全体で30万t-CO2/年の削減が見込める。従って、これがモ国におけるNAMAsの一つとなる。
事業計画策定においては、資金を自己資本で賄うと金利の支払いが不要になること、配電網の初期費用を負担しなくてもよいケースがあること、モ国内の税制優遇措置があることから、これらのうち適用可能と考えられる条件を想定すると、二国間クレジット単価が1,200円/t-CO2でIRRが20.3%となった。従って、低金利融資、配電網費用負担なし、税制優遇措置、が適用可能ならば事業化は可能である。
MRVは再生可能エネルギーによるミニグリッド電力供給のAMS-I-Fをベースにして、適宜バイオディーゼル発電のAMS-I-Hを引用した。MRVにある程度の汎用性をもたせるため太陽光発電に加え、風力発電を対象とした。また、バイオディーゼル発電にはメチルエステル化していない脱ガム油等も発電用燃料性状を満足する範囲で適用可能とした。
本プロジェクトの実施によりGHGの削減のみならず、農村部における収入向上、社会インフラへのアクセス向上などのコベネフィットが期待され、これは、モ国における社会経済開発の上位目標に合致するものであり、早急な実現が望まれる。本プロジェクト実施に向けて低金利融資や税制優遇措置等の資金的支援を期待するとともに、無電化村落地域の統計データ整備が急務の課題であると考える。
英文要約Mozambique has set up policies to promote electrification with renewable energies. Given the situation, this study examines feasibility of electrification through introduction of hybrid system consisting of solar / wind power generation system and biodiesel power generation system, under the Bilateral Carbon Offset Mechanism. The Project attempts to contribute to electrification of Mozambican rural communities using a low-carbon approach. It also proposes a MRV methodology to be employed.
A survey was conducted to identify suitable locations focusing on Cabo Delgado Province where the electrification rate is lower than other provinces. Qiterajo in Macomia District was selected as the candidate site with the highest potential for actual project implementation as fishery is a main industry in the area as well as farming, and hence high demand for locally available ice (for storage of fish) enhances financial viability of the Project by securing additional income of ice sales to the local fishermen.
The system to be introduced in the Project consists of Japanese technologies; PV panel (20kW) and Diesel generator (50kW) equipped with a hybrid control system, in which generated electricity is distributed through 3 phase-4 wire system. The generator is to be fed with degummed Jatropha oil (but not methyl esterificated).
 
Power generation business will be operated by a locally incorporated entity, possibly by Nippon Biodiesel Fuel Co., Ltd.(one of the project proponents). It will employ a group-of-five payment system, where the members of the group take collective responsibilities of ensuring payment for electricity. The charging system will be either flat-rate system or barter system, where farmers can make payment for electricity with equivalent amount of Jatropha seeds. It will also involve ice production business.
The amount of GHG emission reduction was calculated as 101t-CO2/year. It is anticipated that there are at least 3,000 un-electrified villages under similar conditions in Mozambique where the system can be installed. When the system is installed at these villages, 300 kt-CO2/y of emissions will be reduced in total; therefore the Project is appropriate for one of the Mozambique’s NAMAs.
The IRR (10 years) for the project is estimated to be 14.7% when carbon credit is priced at JPY 1,200/t-CO2, where capital is self-financed and fiscal benefits for the investment are applied. In addition, if the capital cost of the distribution network is covered by some other sources, the IRR is improved to be 20.3 %.
MRV was designed based on AMS-I-F, with references to AMS-I-H. It is designed to allow the use of non-methyl ester oil, such as degummed oil.
For the project realisation, low capital cost, fiscal benefit and other revenues than electricity are desired as well as the development of accessible information such as statistical data of un-electrified villages.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る