成果報告書詳細
管理番号20120000000902
タイトル平成23年度成果報告書 グレート・リフト・バレーにおける地熱発電プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名有限責任監査法人トーマツ、三菱重工業株式会社、株式会社三菱総合研究所、丸紅株式会社、住友商事株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 アフリカのグレート・リフト・バレー地域では、貧困、飢饉、紛争の問題が頻繁に起きている。これは社会経済的、環境的、政治的な様々な問題に起因するが、人口増加に伴うエネルギー供給の不足もその一因となっている。地熱エネルギー開発による電力の安定的供給と配電網の整備は、これらの問題解決策の一つとして重要な課題となっている。
 グレート・リフト・バレー全体で約14,000MWの地熱発電ポテンシャルが推定されている。ケニアでは既に地熱発電容量163MWが設置され、エチオピアでも7.3MWのパイロットプラントが設置されている。
 本調査では、ジブチ、エチオピア、ルワンダ、ケニア、エリトリア、タンザニア、ウガンダ、ザンビアの8カ国を対象として、地熱開発の現状と環境、地熱資源の状況などについて包括的な調査を実施した。特に、ジブチ、エチオピア、ルワンダについては詳細な地熱資源調査、発電所計画、CO2削減量算定、経済性評価を実施した。
 ジブチにおいては、230MWから860MWの地熱発電ポテンシャルが推定されており、Assal湖周辺地域については、調査結果から約198MWの地熱資源が存在すると算出した。この資源量、並びに同国電力需要や既存グリッド状況に基づき、50MWの地熱発電所計画を立てた。また、年間CO2削減量は約20万トンとなり、約2百万米ドルのクレジットが発生する事となる。一方、Abbe湖周辺地域については資源調査を中心に調査し、約25MWの地熱資源が存在すると算出した。実際、送電線やアクセス道路等、地熱発電所建設の前提となるインフラを整える必要があり、直ぐに発電所建設段階には至らないが、2012年中にも試掘調査が実施される可能性が有る。従い、現時点から二国間クレジット交渉への準備を開始する事が必要である。
 エチオピアでは、5,000MWの地熱発電ポテンシャルが推定されている。本事業はエチオピアにおける初の本格的な地熱発電プロジェクトであり、検討対象とした地熱発電技術は、日本メーカーの優位性が発揮できるシングルフラッシュサイクル復水式蒸気タービンである。また、年間CO2削減量は約19万トンと算出された。今後は、エチオピアでのベースラインと考えられる電源に関するデータを収集し、方法論と削減量の精緻化を図ると共にMRV構築の道筋をつけることで、二国間クレジットのプロジェクト化を図る。
 ルワンダの地熱発電ポテンシャルは700MWと推定されており、政府は2017年までに310MWの地熱発電所を建設する計画を打ち出している。ルワンダの地熱開発地域の近郊では30 kV配電網しかなく、地熱開発には新たな送電線建設が必要である。キガリ市からキブ湖を結ぶ220 kV送電線建設計画が進行中であり、この送電線と地熱発電所の連系が有力と見られるが、今後の地熱資源量評価による発電所の規模・位置に応じて送電線接続点の選定が必要となる。カリシンビ・ギセニ地区で想定されている310MWの地熱発電により、年間CO2削減量は約150万トンを見込む結果となった。
 地熱開発にかかるリスクは、特に資源探査、規制・政治、オフテイカー不在等多岐に渡るが、運営上の対策を取ることにより軽減され得る。また、地熱開発には巨額の資金が必要となるため、日本の円借款だけでなく、世界銀行やアフリカ開発銀行の資金を活用する働きかけも必要である。
英文要約 In East Africa's Great Rift Valley region, problems of poverty, famine and conflict often arise. These are partly due to lack of energy resources associated with population growth. To provide a stable source of power, development of geothermal energy can serve as one of the solutions to the aforementioned problems.
Potential of geothermal energy in the Great Rift Valley is estimated at 14,000 MW. Geothermal capacity of 163 MW is installed in Kenya and a 7.3 MW geothermal pilot plant in Ethiopia is already under operation.
A comprehensive study is conducted on geothermal developments and resources of 8 countries (Djibouti, Ethiopia, Rwanda, Kenya, Eritrea, Tanzania, Uganda and Zambia). In addition, a detailed survey on geothermal developments, CO2 emission reductions and economical evaluation is carried out for Djibouti, Ethiopia and Rwanda.
Djibouti has an estimated geothermal potential of 230-860 MW, of which 198 MW is assessed to be in Lake Assal area. Based on the geothermal resources, energy demand and the condition of existing power grids, a 50 MW geothermal power plant project was initiated. The estimated CO2 emission reduction is 200,000 t per year. On the other hand, 25 MW of geothermal potential is assessed to be in Lake Abbe area. Transmission lines and road networks should be developed in advance of the construction of geothermal plants. Therefore, construction phase is not expected immediately, but an appraisal drilling within 2012 is plausible. Therefore, preparation for negotiation on the Bilateral Offset Credit Mechanism is necessary.
In Ethiopia, a total of 5,000 MW of geothermal potential is estimated. In this project, a single flash cycle with a condensing steam turbine was selected. The estimated CO2 emission reduction is 190,000 t per year. In the future, a bilateral system of carbon offset projects will be promoted by collecting data on power sources that are considered as baseline, and developing MRV frameworks by elaborating on methodology and reduction amount.
Rwanda's geothermal potential is estimated at 700 MW and the government targets a geothermal power generation capacity of 310 MW by 2017. New high voltage transmission lines will be required for geothermal development, since there is currently only a 30 kV network around geothermal fields. Ongoing project of developing 220 kV transmission lines and substations between Kigali and Lake Kivu is considered to be connected to the geothermal fields. By implementing 310 MW geothermal power plants, the estimated CO2 emission reduction is 1.5 million t per year.
Risks related to geothermal development are wide where high risks include resource exploration, regulation and electricity off-taker. However, these risks can be mitigated by adequate operations. Since geothermal development requires a huge amount of funding, approach to utilize not only yen loans, but also financing from the World Bank and the African Development Bank is necessary.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る