成果報告書詳細
管理番号20120000000905
タイトル平成23年度成果報告書 インド国コークス炉自動燃焼制御システム(ACCS)技術導入による省エネルギー案件の発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名三菱化学エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約(1) 三菱化学エンジニアリング株式会社は同じ三菱化学グループ企業である関西熱化学株式会社の持つコークス炉自動燃焼制御技術ノウハウをシステム化しACCS技術として内外のコークス企業に提供する用意がある。今回の発掘調査は、インドのコークス製造産業にACCSを導入した場合に期待できる省エネルギー効果、温室効果ガス(GHG)削減効果を二国間オフセットクレジットメカニズム(BOCM)に適用できるかを調査確認したFSプロジェクトである。一般にコークス製造過程では、石炭の不完全コークス化を回避するために過剰に燃料を供給して「焼き過ぎ」の傾向にあるが、本技術はコークス製造過程で発生する副生ガス(COG)等の温度変化を捉えコンピュータ処理することにより適正な加熱時間を算出し過剰な燃料消費を抑制して省エネルギー、GHG削減を図るものである。(2) インドにおいて高炉銑鉄生産に使われるコークスの大半は鉄鋼企業の自社コークス設備で製造されているので、今回大手の鉄鋼企業3社(タタ製鉄、RINL、JSWスティール)を調査対象に選定し調査を行った。 その結果、調査対象コークス炉の運転負荷、保全状態により異なるが、基本的には、ACCSはインドにおいても十分にその導入効果が期待できるものとの結論を得た。その効果は年産2百万トン規模で省エネルギー量は387TJ/年で温室効果ガス削減効果は2.8万トン/年と推測された。(3) 本ACCS技術をBOCMに適用するためには、現行CDMの煩雑な方法論に替えてできる限りデフォルト値を活用する形で簡素にして十分な方法論(MRV)を整備する必要がある。MRVで測定すべきパラメーターとしては、ベースライン並びにプロジェクトシナリオにおけるコークス炉に供給される燃料ガスの流量、低位発熱量である。また一般的に削減された燃料ガスは発電装置に送られ、発電のために外部から購入されている燃料の削減としてGHG削減効果を実現化するものと考えられている。(4) 現状インドにおける年間コークス生産量は33~38百万トンと推定されるので、35百万トンにこの技術をその50%に適用したと仮定すると、その省エネルギー量は3,400TJ/年、GHG削減効果は24万トン/年となる。このACCS技術導入によるGHG削減効果は、その設備投資金額から高いコストパフォーマンスを持っており、標準工事工程の短さと相俟って地球温暖化に対して多大の貢献をすることができるものと期待される。
英文要約(1) Mitsubishi Chemical Engineering Corporation has systematized ACCS, where its fundamental idea and know-how has been developed by Kansai Coke and Chemicals Co.,Ltd., one of Mitsubishi Chemical Group companies. Mitsubishi Chemical Engineering and Kansai Coke and chemicals are jointly prepared to develop their ACCS to Coke producers domestic and abroad. This FS is research the possibility that ACCS Technology is fit for Indian coke producers to save energy and reduce GHG emission aiming of developing a Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM). Generally to prevent unmatured coke coke production feedstock coal is heated excessively with over fuel supply. This ACCS technology by detecting temperature of Coke Oven Gas, a byproduct, processed by computer system to determine an adequet heating time and soaking time. It will contribute for energy saving and GHG emission reduction. (2) In India Almost of coke which is consumed in pig iron production by blast furnace process is produced by steel producers by themselves. So our target firms of this time FS are large scale steel producers, those are Tata Steel, RINL (Rashtriya Ispat Nigam Ltd.) and JSW Steel Ltd.. This FS revealed the fact that ACCS technology is fundamentally fit to Indian coke producers, even its effect differs by its production load and maintenance conditions. We estimated the save energy effect of 387 TJ/annum and GHG emission reduction of 2.8 ton of CO2 for 2million ton per annum coke production. (3) To realize this technology as a BOCM application iwe need a new simple and pragmatic methodology (MRV) instead of complicated CDM metodologies. In possible MRV parameters which shall be fuel flow to coke oven and its low calorific value both in base line and in project. Genarally the saved fuel by ACCS is deemed to send to a power plant where fuel which is bought from outside will reduced accordingly, which realize GHG emission reduction actually. (4) As the present annual coke production is estimated 33-38 million ton, if ACCS is applied in 50% of this production fo 35 million ton, the total energy saving counts 3,400 TJ/Y and total GHG emission reduction will be 24 ton of CO2. We are confident that ACCS technology, having excellent cost performance and together with its rather short construction period, will contribute to Global Warming Issue.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る