成果報告書詳細
管理番号20120000000906
タイトル平成23年度成果報告書 ベトナム社会主義共和国におけるデータセンター等サーバーの更新・統合等によるCO2 削減プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/20
報告書年度2011-2011
委託先名日本電気株式会社、株式会社スマートエナジー
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本事業ではベトナムに設置されているデータセンター等サーバーを日本の「省エネ型サーバー」に更新・統合等する事業の発掘を目指した。「省エネ型サーバー」は、エネルギー効率を大幅に改善(従来機種比最大55%の省電力)できる日本電気株式会社のデータセンター向け省電力サーバー「ECO CENTERシリーズ」を想定した。
 現地データセンターの協力を得て、データセンターにおけるサーバーのスペックや構成の確認、サーバー全体の消費電力量や稼働に係る各種指標の測定を通じ、CO2排出量算定に必要なデータの取得可能性を検討した。また、サーバールーム内の温度や湿度等を測定し、空調機器のエネルギー使用量に影響を与える指標を選定し、将来的に、空調設備を含めたCO2削減方法論を検討するための情報もあわせて収集した。データセンターでは、電力等モニタリングが通常行われており、これらを活用することで、モニタリングに係る追加コストの抑制が期待できる。さらに、サーバー単体での排出量削減に加え、空調などのデータセンターの設備も含めたトータルでの省エネ対策も可能であることが明らかになった。
 CO2排出削減方法論は、更新については、現時点で導入されているIT機器群をそのまま使い続けた場合のCO2排出量を、新設については、現時点の標準のIT機器を用い従前のシステムを構築した場合のCO2排出量をベースライン排出量とした。ベースラインシステム構成及びプロジェクトシステム構成それぞれについてITサービスモデルを想定し、そのサービスモデルにおける消費電力量をカタログ値等から算定し、CO2排出削減ポテンシャルを検討した。
 想定排出削減量はプロジェクト単体の場合で11.9万t-CO2/年となった。データセンターの設備への波及効果を考慮すると、削減効果はさらに大きくなる。
 情報通信省などの省庁、データセンター事業者、業界団体等を訪問し、同国における「省エネ型サーバー等」普及可能性についての調査から、同国における社会インフラ整備、それに伴うデータとITサービスへのニーズは増大の一途であり、多数のデータセンターの新設も見込まれることがわかった。データセンターの規格策定を進めている情報通信省もデータセンターにおける省エネに興味を持っている。二国間オフセットクレジット制度の活用により省エネ型サーバーにとどまらず、次世代型省エネデータセンターの新設や更新に事業を拡大できれば、大規模なCO2削減が可能となる。中長期的には、先進的なエネルギーマネジメントや各種のエネルギーデータのセンシング結果の分析等を行う際に必要となる通信・IT技術を提供するフェーズが訪れると予想され、データセンター創設に関する市場調査は継続していきたい。
英文要約This research project aimed to make applicable methodologies and identify potential projects of renewal or consolidation of servers at datacenters in Vietnam with Japanese ECO Servers, supposing the "ECO CENTER series" of NEC Corporation. ECO CENTER series servers for datacenters are expected to reduce power consumption by 55% at maximum compared to conventional models.
The possibilities for metering or obtaining the information required to calculate the amount of CO2 emissions were examined in cooperation with the local datacenter in Vietnam. Electric power consumption and performance parameters were monitored and specifications of servers and system configurations were surveyed. For further reduction of CO2 emissions from datacenters by extending the target boundaries, temperature, humidity and power consumption of air conditioners in the local datacenter were also examined.
The amount of power consumption of with or without the project must be identified to calculate the amount of the reduction of CO2 emissions through the project. For replacement, the baseline amount is determined under the assumption that the current IT devices are continuously used. For new installation, the baseline amount is determined under the assumption that prior system is configured by using current standard IT devices, which are not eco-efficient enough. In addition to metering the power consumption of the target servers directly, indirect calculation of the power consumption based on the monitoring data of server activities and the specifications of servers is investigated. As the power consumption and performance of severs are usually monitored at datacenters, it is expected to hold down the additional cost for monitoring by utilizing the existing systems.
It is estimated that the amount of CO2 emissions from datacenter servers is reduced by 119,000 [t-CO2/year] through the project targeting 297,000 servers (10% of the active servers in the year 2020), and more reduction is expected if the energy saving effects on datacenter facilities are taken into account.
According to the hearing survey in this study, social infrastructure is being improved and the need for IT services is growing steadily in Vietnam, and thus a large number of new datacenters are anticipated to be constructed. If these datacenters can be turned into next-generation energy-efficient datacenters by utilizing the Bilateral Offset Credit Mechanism, large-scale CO2 reduction will be achieved. In addition, the Ministry of Information and Communication is interested in introducing eco-efficiency into datacenter standards in progress. In a medium- and long-term perspective, we believe that marketing research regarding establishing new eco-efficient datacenters should be conducted continuously.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る