成果報告書詳細
管理番号20120000000908
タイトル平成23年度成果報告書 南アフリカ共和国における工場向け高効率ガスタービンコージェネレーションシステムの案件発掘調査
公開日2012/12/20
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査では、南アフリカ共和国の自動車工場に高効率ガスタービンによるコジェネレーショ
ンシステムを導入することによる、温室効果ガスの排出削減効果を検討した。具体的な検討
内容は以下のとおりである。
(1) システムの構成と仕様
(2) システムの導入による温室効果ガス削減ポテンシャルと
二国間クレジットで必要なMRV (Measurable Reportable Verifiable)
(3) システム導入の事業の展開方法と事業性評価
(4) 南アフリカにおける投融資環境と関係国・機関への要望
(1)のシステムは、ガスタービン及びガスタービンの排ガスを工場の塗装乾燥工程及び空調
に利用するシステムを検討した。その結果、排ガスの利用は可能であるが、さらなる検討が
必要であることが分かった。
(2)の削減ポテンシャルは、工場の電力使用量及び塗装乾燥工程と空調の天然ガス使用量を
工場データから数値化し、削減ポテンシャルとMRVを計算式により求めた。
(3)の事業の展開と事業性評価では、システムの導入・運営及び売電をSPC (Special Purpose
Company)が行うケースを想定してキャッシュフローを計算し、事業性の指標であるIRR
(Internal Rate of Return)において、システム導入コスト、売電単価及び燃料(天然ガス)コ
ストを変数としてその影響を比較した。その結果、事業性は売電単価と燃料コストに大きく
左右されることが分かった。
(4)の投融資環境では、システム導入にあたっては日本政府及び南アフリカ政府の地球環境
保全に対する低利融資の確立、二国間クレジットによる温室効果ガス削減への助成が必要と
感じた。今後の両政府の協議により、二国間クレジット及び低利融資の制度の早期の確立を
期待する。
今回の調査では、ガスタービンによるコジェネレーションシステムの導入の可能性について
検討を行った。今後は自動車工場や現地の関係機関、企業とシステムの導入の具体化に向け
て協議を進めていく所存である。
英文要約 In this study, introduction of high efficiency gas turbine cogeneration system to a car
factory of the Republic of South Africa, and resulting reduction in greenhouse gas emissions
was investigated.
Content of the study is as follows.
(1) System configuration and specification
(2) Greenhouse gas emission levels through introduction of the system and required
bilateral credit for MRV (Measurable Reportable Verifiable) between two countries
(3) Business model when introducing the system and assessment of its feasibility
(4) Evaluation of investment environment in South Africa and request to related parties
and countries
In item (1) above, a system consisting of a gas turbine to produce power (electricity), a
system effectively using gas turbine’s exhaust gas to car factory’s paint shop (paint drying
process) and its air conditioning system was investigated. As a result, it was found that the
use of exhaust gas to the paint shop is feasible, however, further detailed study (i.e. detail
engineering to check system reliability, etc.) needs to be carried out before introducing the
system.
In item (2) above, quantifying the amount of plant natural gas usage during paint drying
process and the air conditioning was carried out. Using which, greenhouse gas reduction
potential and MRV was calculated.
In item (3) above, a model case study where system is introduced (constructed), operated
and sale of produced power by a Special Purpose Company (SPC) was carried out. During
the study, cash flow calculation, cost for system introduction (construction cost), power sale
cost, natural gas cost were used to evaluate the business model. As a result, it was found
that the Internal Rate of Return (IRR) largely depends on natural gas cost and the power sale
cost.
In item (4) above, in order to introduce the system studied, given the financial evaluation
results, it is our impression that there is a need for establishment of subsidized low-interest
loans for environmental conservation by both the South African government and the
Japanese government and also a need to establish greenhouse gas credit between the two
countries.
In this survey, feasibility in introducing a gas turbine cogeneration system to a car factory
was carried out. In future we are willing to work towards realizing the concept studied with all
concerned parties.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る