成果報告書詳細
管理番号20120000000911
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業マレーシア国における家庭用太陽光発電事業の案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査では、マレーシアにおける家庭用太陽光システムの市場、日本メーカーの技術・製品の普及およびそれによる温室効果ガスの削減ポテンシャルの把握を目的として実施されたものである。第1章では、マレーシアのエネルギー基本情報、政策動向等についての調査結果を整理している。電力需要や料金等の情報のほか、人口増加に伴いエネルギー需要が増加しており今後もその傾向は続くと考えられることなどを整理した。昨年度から施行された固定価格買取制度(FIT)の枠組みにおいて、今後家庭用太陽光システムへの期待が高まっていること、ただ、現状では導入量が少なく限定的であることなどを整理した。第2章では、家庭用太陽光システムの導入が期待される不動産開発動向などを整理した。マレーシアの所得水準は、一部富裕層を除くと、シンガポールや韓国などと比較しても高いとは言えず、新規に整備される不動産は中流階級層向けが多い。一方で、クアラルンプールやセランゴールといった州では富裕者層向けの環境配慮型住宅の整備が進む。この環境配慮型住宅では、販売単価も比較的高く、家庭用太陽光システムの導入が期待される。これら環境配慮型住宅などを中心とした市場規模を160億円と試算した。第3章では、本事業が対象とする家庭用太陽光システム「パナソニック製の家庭用太陽光システム(HIT~シリーズ)」に関する情報を整理している。本章では、HIT~シリーズの技術概要、導入事例、技術の強み・弱み分析、技術を普及させる要因を整理した上で、同技術をマレーシアの不動産販売市場に展開する際の解決策をまとめた。家庭用太陽光システム単体では、販売展開が難しく、マレーシアに展開を計画しているパナホームなどの不動産販売事業と組み合わせた展開が必要であることを述べた。また、プミプトラ政策のもと、現地デベロッパーとの連携は必須であると整理した。第4章では、家庭用太陽光システムをマレーシアのネグリスビラン州の工場屋根に据付け、そこでのHITシリーズを用いた実証試験を実施した。実証試験は2011年11月から1月末までの3ヶ月間のデータを取得し、日射量との相関関係などを整理した。また、パナソニックが保有する家庭用太陽光システムのシミュレーションとの整合性などを確認した。第5章ではMRV方法論として、この家庭用太陽光システムのデータを用いて簡易測定が可能であることも整理した。第6章では、家庭用太陽光システムを導入した場合の事業性について評価を行い、事業モデルと導入に向けたシナリオ検討を行っている。本事業は、家庭用太陽光システムを導入するためには、売電収入だけでは事業採算性が得られないため、不動産販売に併せた販売展開が必要である。マレーシアをはじめとしたアジア各国では環境配慮型住宅(エコシティ)が進んでおり、マレーシアの国内デベロッパーであるSP-SETIA、UEM-LANDなどとの協働が必要であることを整理した。第7章では、まとめとして第1章から第6章までで整理した情報や実証試験の結果、MRV方法論の検討結果など、本事業の全体像についてあらためて整理をおこない、家庭用太陽光システムの普及拡大に向けた方向性を述べている。
英文要約This study was conducted aiming to grasp the residential-use PV market in Malaysia, to promote Japanese technology and products and to comprehend the potential of CO2 reduction by utilizing them. Chapter 1 reviewed basic information and policy trend about energy in Malaysia. There were information on energy demand and charge and we concluded that the growing trend of energy demand would continue in the future as the number of people increases.Within the framework of Feed in Tariff (FIT)system in force from the last year, there was also growing expectation for residential-use solar power but our argument was that the installed capacity is still low and limited. In Chapter 2, we reviewed the trend of real estate development, which was expected for installation of residential solar power system. Except for the rich, income level in malaysia is not so high as Singapore much of newly established houses are targeted on middle class while in states such as Kuala Lampur and Selangor, eco-friendly houses for the riches are developed. We estimated that the market size of these eco-friendly houses is \16 billion. In Chapter 3, we organized information on "Panasonic residential solar power system HIT series", which our project is focused on. In this chapter we assembled the overview of HIT series technology, installation example, analysis of strength and weakness of the technology and factors for promoting technology then we proposed a solution for selling the technology into Malaysian real estate market. As for residential-use solar power system only, it is hard to expand sales and therefore we recommended combination of real estate business planning to set up in Malaysia such as Panahome etc. In Chapter 4, we installed residential solar power system on the roof of a factory in Negeri Sembilan state in Malaysia and started demonstration experiment using HIT series. In the experiment we collected data for 3 months from Nov. 2011 to the end of Jan. 2012. We also checked the consistency in the simulation of residential-use solar power system that Panasonic had. In Chapter 5, on referring the MRV method, we also argued that using the data from solar power system enables easy measure for calculation of the amount of reduction in greenhouse gas. In Chapter 6, we examined whether the installation of residential-use solar power system can be realized as business and reviewed the senerios for establishing business model and putting it into practice. Because only income from selling electricty cannot compensate for the cost of installing residential-use solar power system, we concluded that the business expansion must be in accordance with selling real estate. In each Asian country like Malaysia, there are many eco-friendly residences and the cooperation with Malaysian developer such as SP-SETIA etc. is necessary. In Chapter 7, we again reviewed the information of Chapter 1 to 6 including outcome of the demonstration experiment and examination of MRV methodology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る