成果報告書詳細
管理番号20120000000914
タイトル平成23年度成果報告書 インド国における太陽光発電事業の案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社N T T ファシリティーズ、株式会社日本総合研究所、昭和シェル石油株式会社、ソーラーフロンティア株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 インドでは、人口の増加・産業の発達・経済水準の向上等に伴う電力需要増大により、恒常的な電力不足が発生している。また電力供給は、石炭火力等の化石燃料電源を中心とするものであり、同国の温室効果ガス排出量を増加させる主因となっている。発電インフラ確保と地球温暖化対策の両面から再生可能エネルギーの重要性が高まっている。特に、全域において日照条件に恵まれていることから、太陽光発電の普及拡大が期待されている。
 このようなインドの太陽光発電市場に対して、太陽光発電の先進国の一つである日本からは製品販売・設備構築・発電事業の各分野において参画が可能であるものの、同国における発電性能やコスト、ファイナンス等の具体的な情報が満足に得られておらず、欧米や中国等の企業に比べて参入が遅れている状況にある。
 よって本事業は、日本企業がインドにおける太陽光発電事業へ積極的に参入するための課題や条件を確認し、同事業の実現へ寄与することを目標として以下の調査を実施した。
・インドにおける太陽光発電に関する社会情勢や制度等について、関連団体・企業へのヒアリング調査等を実施することで情報収集した。現状として、ジャワハルラールネルー・ナショナルソーラーミッションや各州政府の太陽光推進政策によって市場の急拡大が見込まれているものの、買取価格の変動や国内産業保護の強化等、非常に流動的な状況にあるといえる。
・日本の技術・製品が導入されインド国内に実設置された太陽光発電システムより発電実績データを取得し、同国環境下での発電特性を評価したところ、非常に高い接尾利用率による発電が期待されることが確認できた。
・事業環境や発電方式の特性をもとに、インドにおける太陽光発電事業を対象として、日本・インドにおける二国間オフセットメカニズムの方法論を、CDM方法論をベースとして検証し提案した。
・インドにおける太陽光発電事業の事業コストと、構築、運用段階のプロジェクト実施環境について調査し、日本との相違点を把握した。また、インドの金融環境に関して調査し、事業実現に向けて想定されるファイナンススキームを提案した。その結果、同国での事業化には施工品質水準やオフテイカーの信用力等のリスクが非常に多いことが確認された。
・得られた情報をもとに太陽光発電事業性評価を実施し、同国における事業性水準の把握と、二国間オフセットクレジットにおける事業性向上への効果を評価した。
 以上より、インドの太陽光発電事業において二国間オフセットメカニズムが機能することを確認した。また、日本企業の強みである、設備利用率向上に資する製品・システム群とファイナンススキームを総合的に提供することにより、競争が激化する同国の太陽光発電事業で優位性を実現する可能性を示した。
英文要約 In the Republic of India, constant power shortage has been caused by power demand increase along with population increase, industry development and improvement of living standard. Also, Greenhouse gas (GHG) emission increases rapidly as energy consumption rises since Indian power source mainly consists of fossil fuel power generation like coal-fired thermal power. In order to secure power generation infrastructure and take measures against global warming, photovoltaic (PV) power generation is expected to spread widely in India, taking advantage of rich solar radiation. Japanese companies can be involved in Indian PV power generation projects in the areas of product sales, plant construction and power generation business. However, because detailed information is insufficient such as PV power generation data under Indian actual condition, cost structures and finance scheme, the entry of Japanese companies is not as progressing as Western or Chinese companies.
In this study, following conditions and problems in Indian PV market are confirmed in order that Japanese companies will proactively be able to enter into that business.
- Information on the social conditions and policies in Indian PV power generation is collected and analyzed. As a result, Indian PV project conditions are now uncertain due to a fluctuating power purchase price and an intensified domestic industry protection while the market is expected to increase rapidly by the implementation of "Jawaharlal Nehru National Solar Mission" and state governments' promotion policies.
- It is confirmed that Japanese PV technologies/products can achieve higher capacity factor based on the evaluation of actual Japanese PV power generations under Indian environmental conditions.
- The methodology of Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM) for Indian PV power generation project is verified based on project conditions and characteristics of power generation.
- Costs of Indian PV power generation project and conditions in the stage of PV installation/operation are studied. Also, Indian financial environment for that project is analyzed. It is confirmed that there are risks such as construction quality and off-takers' credit in the project.
- Feasibility study of Indian PV power generation project is carried out based on the information collected. Feasibility criteria for that project and the increase of the feasibility due to the application of BOCM are evaluated.
As a result, It is confirmed that BOCM will function in Indian PV power generation project. Also, it is suggested that offering Japanese products, systems and finance schemes comprehensively will develop a competitive advantage in Indian PV market.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る