成果報告書詳細
管理番号20120000000917
タイトル平成23年度成果報告書 ケニア共和国 無電化地域における、再生可能エネルギーを活用したホテル・ロッジのエコ化案件発掘調査
公開日2012/12/20
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所、富士電機株式会社、株式会社ムパタ・インタナショナル
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 ムパタ・サファリ・クラブ(以下、対象施設)は、ケニア共和国の無電化地域にあるホテルである。コテージ風の客室(全23室)、共有施設(食堂ほか)、スタッフ宿舎、ポンプ場などで必要とする電力を、計4台のディーゼル発電機で賄っている。
 本調査では、対象施設に省エネ技術や再生可能エネルギーを導入できるか検討する。そしてこれを他のホテル・ロッジに適用し、CO2排出削減量を取りまとめることで、二国間クレジットの創出可能性を検討する。他のホテル等における状況の調査と、二国間クレジット創出時を想定したMRV方法論の検討も併せて行った。
 本調査は、富士電機(エンジニアリング担当)、ムパタ・インタナショナル(対象施設オーナー)、エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所(調査取りまとめ、以下NTTデータ経営研究所)の3社の共同によるものである。
 日本での予備調査と二度にわたる現地調査の結果、以下の結論を得た。
~対象施設においては、太陽光発電によって現状の電力供給を部分的に代替するのが最適なプランである。10kWサイズ(約1000万円)、ないし5kWサイズ(約500万円)等のシステムを導入し、必要に応じて拡張することが現実的な提案となる。
~対象施設への省エネ機器導入については改善すべき設備が見あたらなかった。運用面での改善については可能性が残されており、今後の調査ポイントである。
~他のホテル等を調査したところ、一部のロッジでは240万円(3.5kW)~1,000万円(10kW)ほどの規模で太陽光発電システムを導入し、3~5年程度で初期投資を回収している事例があった。
~10kWモデルで想定されるCO2削減量は8.5トン/年、5kWモデルの場合は4.25トン/年となる。ケニア全土の無電化地域にあるホテル等(推計2500軒)に汎用的に適用可能だとして、その全てに導入できたと仮定すると、CO2削減量は10,625~21,250トン/年と計算される。
~太陽光発電の導入にあたり、最大の問題はファイナンスである。ケニア国内での資金調達は難しく、横展開を図る上では低金利のファイナンス支援等が不可欠である。
~二国間クレジットの方法論については、小規模CDM、PoAの他、UNFCCCで審議中の方法論を参照できる。モニタリング手法について、無電化地域にあるホテル等には電力量計が設置されておらず、現状では「導入前」の電力消費量を正確に算定できない。「導入後」の再生可能エネルギーによる供給電力量を正確に計測することで、CO2削減量を算定する方法が最適である。
~現行のCDMの問題点はケニアでも共有されていた。また、政府関係者へのヒアリングの結果、ケニアではCDMを補うものとしてNAMAを推進していることが分かった。二国間クレジットは、NAMAの方向性に沿って構築できれば、実現可能性は広がる。
~ケニアはLDCではないが、地方の実情はLDC並みである。現状のCDMではこうした国・地域のニーズを捉え切れていない。二国間クレジットの相手国として、非LDCかつ、低所得国、低中所得国に注目することが得策である。

 今後の事業化にあたっては、まず対象施設に、10kWないし5kWの太陽光発電システムを試験的に設置し、機器運用による省エネルギーの可能性を精査するため、電力量計を配置する。その結果をもとに現地の施工業者と協力して精緻な導入プランを策定する。また、クレジットの取りまとめ機関の設立を進めていく。創出クレジット分の支払いや品質保証の仕組みなども含め、ファイナンスの枠組みを考案することも重要である。
英文要約 The MPATA SAFARI CLUB (hereinafter called the "Club") is a hotel located in an off-grid area in Kenya. Club have four diesel generators that supply electricity to 23 guest rooms, shared facilities, a lodging house for staff members, pump site, and so on.
This survey examines whether energy saving technology and renewable energy could be introduced into Club. It also examines whether Bilateral Offset Credit can be generated when such technology and renewable energy are applied to other hotels and lodges. We also conducted surveys of other hotels and examined MRV methodologies for Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM).
This survey is initiated by Fuji Electric Co., Ltd. (engineering), Mpata International Inc. (owner of the Club), and NTT Data Institute of Management Consulting, Inc. (organizing survey).
We obtained the following conclusions;
- The appropriate plan is to replace portion of the present electricity supply with a PV generation system at Club. For practical a 5 kW to 10 kW-size (approximately five to ten million KSh) should be introduced and expanded when necessary in the future.
- This survey found no items to improve for energy saving in Club. However, there could be still room for improvement in equipment operation.
- In Kenya, some tented-camps have already introduced PV generation systems (3.5 to 10 kW) that recoup the initial investment within three to five years.
- A 5 kW to 10-kW model could reduce 4.25 to 8.5 tons/year of CO2 emissions. If these models were introduced into 2,500 hotels in off-grid areas in Kenya, CO2 reduction would reach 10,625 to 21,250 tons/year.
- The obstacle to introducing these models lies in finance. Offering financial support for low interest rates is essential to the introduction of models.
- A methodology for BOCM can be referred to for small-scale CDM and/or PoA and methodologies being deliberated at the UNFCCC. Concerning monitoring methodologies, since hotels in off-grid areas have no electricity meters, their exact power consumption "before introduction" cannot be measured. The appropriate methodology is measuring the exact power supplied by renewable energy "after introduction."
- Kenya has been promoting NAMA to make up CDM. Thus, BOCM should be built up along the Kenyan NAMA policy.
- Although Kenya is not an LDC, its rural electrification rate is similar to that of an LDC. The present CDM is unable to grasp the needs of such countries. The targets of BOCM should be countries similar to this project, namely non-LDC but Low Income Countries or Lower Middle Income Countries.
To develop the plan into a project, first, a pilot 5-kW to 10-kW PV generation system should be built in Club Electricity meters should be installed to examine the operation of the equipment for energy saving possibilities. Based on the measurement results of them, a detailed plan should be prepared.
At the same time, an organization to bundle credits must be set up. It is also important to devise a financial framework.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る