成果報告書詳細
管理番号20120000000946
タイトル平成23年度成果報告書 「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発/ライフイノベーション分野における革新的なベンチャー起業促進のための人材育成方策等に関する検討」
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社コーポレイトディレクション
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約金融危機、国民経済の停滞、超高齢化、未曾有の大震災。わが国は歴史的な危機に直面している。かような厳しい環境の中、日本国民ひいては世界人類が豊かで健康に暮らす社会を実現するためには、経済振興とQOL向上の原動力となるライフサイエンス産業(LS産業)の育成が欠かせない。わが国は世界トップクラスの科学技術、製薬産業やものづくり産業を持ち経営資源は十分に保有していると考えられる。
但し、LS産業の育成は難しい。他の成熟産業に比し標準化が不十分で、その多くが最先端の科学技術のすり合わせで実現されるため、難度の高いオープンイノベーション(OI)が求められる。また人の命が関わるため規制は厳格であり、評価法の確立や個別の承認申請にかかるコストは甚大である。ゆえに官民連携による負担分散とシナジー導出のための仕組みづくりは必須となる。
このような認識のもと、CDIは自律的な「ライフイノベーション(LI)のエコシステム」をわが国に構築するための施策提言を目標に調査研究を実施した。文献調査に加えNEDO-TR1や英国MRCT、ベルギーのVIBなど先進事例のヒアリングを行うとともに、忌憚のない意見の取得を目的に、産官学のインサイダーに対し多数の匿名ヒアリングを実施し課題の構造化に努めた。
CDIは調査研究の結果、4つの優先課題を抽出した。バイオベンチャーを安定的に生み出すエコシステムの新陳代謝をどのように実現するか、大学と企業などインセンティブが異なる異種組織連携のマネジメントをOIの現場で誰が指揮するのか、大きなお金と時間が必要なLIに対する資金と人材の長期的なコミットメントをどう担保するのか、R&Dや規制環境などを官民の共進的発展でどう進めるかの4点である。これらの課題は、わが国が実は十二分に保有している経営資源を的確につなげて活用するマネジメントの課題と言い換えることが出来る。従って本調査研究では「『つなげる』人材がLIを起こす」との作業仮説を元に具体施策を練り上げていった。
CDIは結論として、研究とビジネスの実戦経験に加え、広範な人脈を併せ持つ少数精鋭のプロフェッショナルの活用に可能性を見出した。具体的には、プロフェッショナルがLIの仕掛人として組織の枠を超え存分に活躍するプラットフォームとして「ライフイノベーション・ジェネレイター(LIG)」の創設を提言する。LIGは、NEDO-TRをヒントに発展拡大した、いわば常設発展版民営NEDO-TR組織である。LIに特化し、行政および全国の医学系大学連合から公認を受けた株式会社として設立する。シンクタンク機能、コンサルティング機能、ベンチャー創生機能、ファイナンス機能、プロジェクトマネジメント機能の5点を備え、上記課題を解決していく。
この組織の肝は、少数精鋭のプロフェッショナルが政策変更やマネーの供給量の影響を最小に、自立自走の経営を実現することである。従って、LIGは助成金に頼った事業モデルではなく、民間企業へのコンサルティングビジネスなど、既に確立しているビジネスモデルを軸とする。さらに大学からの公認や特任ポストの兼業によって研究と臨床の現場へのリーチを確保することで、最適な産学連携の提案や臨床ニーズの精度の高い抽出などの高付加価値サービスを提供することを可能にし、強固な競争優位を実現する。
LIGはこれまでに無いイノベーティブな組織である。NEDOは民間の手によるLIGの立ち上げの支援をご検討頂き、その実現に向けた調査と具体的な人選に早急に着手することをここにご提言申し上げる。
英文要約Japan is currently plagued with issues such as a slow economic growth, a rapidly ageing society, and the aftermath of the massive earthquake. In order to improve the economy and people’s QOL, it is important to create an environment that promotes innovation in the life science industry (LSI).
Unlike standardized industries, LSIs need to adopt the concept of “open innovation” (OI), as the field relies on the merging of cutting-edge research conducted in different disciplines. Since the life sciences also deal with human life, the regulations are strict and processes are expensive. Co-investments by public-private partnerships (PPPs) for establishing a regulatory science and the necessary regulations are therefore required.
In order to find solutions, CDI undertook a research project to develop a sustainable model for maintaining the balance of the ecosystem. We had some case studies from Japan and the EU including NEDO's transrational research fund. We also conducted a series of closed interviews with prominent people in the life science industry, university professors, venture capital providers, professionals, and government representatives.
We thus identified the following four steps that need to be taken: (1) Establish a multicultural team to conduct the OI project; (2) Ensure long-term commitment of the members, as innovations in the life science industry involve high costs and are time consuming; (3) Undertake new ventures to protect the ecosystem, even though the failure rate in the venture business is high; (4) Improve the public-private partnership. These four steps will resolve the issues in managing Japan’s substantial assets effectively. CDI made their proposal on the basis of the statement “Professionals who innovate by consolidating the available assets.”
On the basis of our findings, we suggest that a comprehensive human network, consisting of capable professionals who have experience in both the life sciences and business, be created. We thus propose to build a new private company called “Life innovation generator” (LIG) that will serve as a platform for professionals. The company will specialize in five types of services: think tank research, management consulting, venture partnering, financial advisory, and project management.
The core of the business model concerns the combination of well-established businesses, such as management consulting. With this business model, LIG can attain sustainability without relying greatly on government support. Thus, LIG will be the first innovative private company of its kind. CDI hopes that NEDO will support this endeavor, so that a feasibility study can be conducted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る