成果報告書詳細
管理番号20120000001069
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシアにおける水力発電改修プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社リサイクルワン、株式会社東芝
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 インドネシア国の水力発電容量約3,500MW(2006年)のうち、東芝は約1,500MW(約4割)、12箇所の水力発電所にプラントをこれまで納入してきた実績を持つ。ただし、インドネシアにおける東芝の水力発電プラントは1970年代から納入実績があるため、一部老朽化が進み、発電効率が低下しているケースも散見される。約半数が築25年以上経過しているプラントとなっている。
 そこで、東芝は、PLN社の東芝製水力発電プラントに関して、発電効率の向上、出力の向上を図るための改修プロジェクトを提案しているところであり、これに対してPLN社も関心を示している。本調査では、Saguling水力発電所を本調査のモデルケースとして、水力発電改修事業の事業計画及び二国間クレジット制度適用可能性を検討した。
Saguling発電所に加え、Soedirman発電所、Sutami発電所に対しての現地調査を行い、発電所の現状を踏まえた上で、PLN社に対して機器等の改修事業についての提案を行った。Suguling発電所においては、4%の効率改善の提案を行うことができ、合計約28MW分効率アップを達成できる見込みである。またSugulingにおける効率アップによる収入、クレジット収入、維持管理コスト減少、GHG削減効果、不慮の停止によるリスク削減効果等本技術を導入することによるベネフィットを定量化した。その他、今後前記3発電所に加え、Riam Kanan発電所、 Wlingi発電所、Garung 発電所、Maninjau 発電所の7発電所への本事業の国内展開の可能性が考えられる。
 現行のCDMにおいて、本プロジェクトのような水力発電を含む再生可能エネルギー事業の改修に適用可能な方法論は、「ACM0002」及び「AMS-I.D」の2つである。しかし、これらの方法論を用いて現行CDM制度下にてGHG削減量をクレジット化する際に、存在している課題を加味し、次の3点に着目した新たな方法論案を提案した。
1.発電効率を反映した原単位法の活用
2.追加性判断を踏まえたポジティブリスト化
3.グリッド排出係数のデフォルト値の用意
 本方法論を用いてSaguling水力発電所のGHG削減量を算定したところ、削減量68,000t/年との試算を得た。また、上記の7発電所について算定を行ったところ約110,000t/年の削減効果があるとの試算を得た。
 一方で、本改修事業を行うにあたっては、ファイナンスが課題となる。このため、本邦制度金融や金融機関によるファイナンススキームについての検討を行った。
 PLN社は二国間オフセット・クレジット制度を組み合わせた本改修事業に高い関心を示している。本調査を受けて、PLN社、東芝、リサイクルワンは、二国間オフセット・クレジット制度を活用を見据えつつ、改修事業の実施に向けての検討を引き続き続けていき、実施に向けての具体的な調整を行なっていく予定である。当面は、パイロットサイトを決めて改修事業を行い、その後、効果を見ながら他サイトにも展開していくことを検討している。
英文要約Toshiba has the proven record to supply 12 HPPs in the subject country. Because Toshiba has delivered HPPs since 1970s, some of the HPP has been aged detorirated and we can find the some cases showing declining generating efficiency. Almost half of Toshiba’s HPPs were built more than 25 years ago.
Based upon the situation, Toshiba is proposing certain rehabilitation projects aiming at improvement of power generating efficiency and generating power volume for the HPPs made by Toshiba and owened by PLN currently. PLN is showing their interest. In this investigation, we have reviewed business plan for renovation and rehabilitationing of HPPs and have executed feasibility study of credit system between two countries pickking up Saguling HPP as the model case.
In addition to Sauling HPP , we prosecured the site inspection for Soedirman HPP and Sutami HPP and made certain proposals for the renovation and rehabilitation of equipment for PLN. As per Suguling HPP, we were able to propose 4% of efficiency improvement and 28MW of efficiency improvement can be expected in total. We also quantified their benefit produced by profit caused by such as the improvement of the efficeincy at Suguling HPP, profit on credit, reduction of maintenance cost, effect of reduction of GHG and eleimination of risk of unexpected discontinuance of the operation etc. In addition to the above three HPPs, we can anticipate the diffusion of our business plan to the other domestic 7 HPPs such as Riam Kanan HPP, Wilingi HPP, Garung HPP and Maninjau HPP.
Among the current CDM, the feasible methodology which can be applied to renovation of the renewable energy inclusive of HPP such as to this project is “ACM002”and “AMS-I.D”. We have proposed the new methodology focusing attention on the following 3 points adding existing issues when we create the credit of GHG reduction under the current CDM applying these methodologies:
1.Application of basic unit referring generating efficiency
2.Creation of positive list focusing on validity of additional one
3.Preparation of default value the grid emission coefficient
With this methodology, when we calculated the reduction of GHG at Saguling HPP, the trial number of the reduction volume was 68,000t/Year. And, when we applied it to the other 7 HPPs, the reduction volume was around 110,000 t/Year. On the other hand, to execute this renovation and rehabilitationing business plan, the source of the finance will become an issue. Because of this, we also reviewed finance schemes provided by Japanese financial system and financial institutions.
PLN is showing strong interest on the renovation and rehabilitating business plan which combines the off-set credit system between two countries. Based upon this research, PLN, Toshiba and Recycle One will consecutively review the plan for the implementation of the renovation and rehabilitating business plan focusing on the application of off-set credit between two countries and concrete accommodation for the execution of the plan. For the time being, we will prosecute renovation and rehabilitating business plan on the pilot site and will diffuse it to the other sites reviewing the effect in the near future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る