成果報告書詳細
管理番号20120000001071
タイトル平成23年度成果報告書 タイ王国・ベトナム社会主義共和国におけるコンビニエンスストア・エコ店舗化プロジェクトの案件発掘調査
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社 NTT データ経営研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約コンビニエンスストアが増加するタイ・ベトナムを対象に、コンビニエンスストアの省エネルギー化による二国間クレジット創出の案件発掘調査を実施した。検討プロジェクトでは、店舗の消費エネルギーの7~8割を占める空調・照明・冷蔵ショーケースを高効率機器に置き換えることによる省エネルギー効果を中心に検討した。
まず、プロジェクト対象であるタイ・ベトナムの省エネ政策と二国間クレジットの実現可能性について調べた。タイ・ベトナムでは、商業分野のエネルギー消費量が増加を続いている。コンビニエンスストアのような商業分野における省エネは、今後重要性が認識されると予想される。
コンビニエンスストア店舗では、空調、冷蔵ショーケース、照明がエネルギー消費量の大きい割合を占める。空調、冷蔵ショーケースは、気候等現地の独自条件の影響を受けることから、調査では、タイ・ベトナム両国の合計7店舗で実際に電力消費量を計測し、省エネ効果を検証した。その結果、既存の機器を高効率機器に置き換えた場合、店舗全体の電力消費量の3.5割程度が削減されることが明らかになった。また、店内気温変動を分析した結果、空調等の運用効率化や平準化による省エネルギーの可能性が考えられた。この結果は、ITを用いた運用面の監視や制御により、更なる省エネをすすめる余地があることを示唆している。
次に、コンビニエンスストアの省エネを二国間クレジットのスキームに乗せるため、多数のコンビニエンスストア店舗を対象としたMRV手法開発の検討をおこなった。本調査では、「A.機器の積み上げによる算出」と、「B.店舗全体電力消費量からの算出」の2通りの方法を検討した。
「A.機器の積み上げによる算出」では、空調、照明、冷蔵ショーケースを対象とし、プロジェクトにおける各機器の電力消費量を測定する。一方、「B.店舗全体電力消費量からの算出」では、店舗全体の電力消費量を測定し、モデル式により計算されたプロジェクト実施前の電力消費量と比較する。モデル式は既存の機器を設置した店舗のデータから統計的に算出したものである。この手法は、コンビニエンススト店舗が標準化された仕様となっている点を利用している。機器ごとの詳細な電力消費量測定が不要であることから、コンビニエンスストアに向いている方式と考えられる。ただし、実用化に向けて、モデルの精度向上に今後さらなる検討が必要である。
このプロジェクトが、ファミリーマートの自前ファイナンスで実施されると想定すると、投資回収期間は2~3年となる。投資回収期間が短いため、省エネルギーを促進する上で有意義にも関わらず、通常のCDMにおける経済的追加性は成り立たない。そこで、投資対効果の分析ではなく、促進するべきプロジェクトの条件を定義し、条件を満たしたプロジェクトを認定する方法で適格性を認定することが適切と考えられる。
検討プロジェクトによるCO2排出削減効果と形成クレジット額は、一店舗あたり9~10 tCO2/年、10,800~12,000円/年となった。タイ・ベトナムのプロジェクト全体のCO2排出削減効果は、7,480tCO2/年である。タイ・ベトナムのファミリーマート全体にプロジェクトを拡張した場合、CO2排出削減効果は12,900 tCO2/年、他社を含む東南アジアおよび中国のコンビニエンスストアに拡張した場合、CO2排出削減効果は659,000 tCO2/年と試算された。
以上の結果から、本プロジェクトは実現可能性が高く、今後詳細の検討を進めることで、タイ・ベトナム両国における省エネルギーとCO2排出抑制に貢献できると考えられる。
英文要約We conducted the investigation to explore feasible Project for creating the bilateral offset credit mechanism (BOCM) by promoting energy preservation in convenience stores in Thailand and Vietnam, where increasingly more stores are entering this business recently. In the Project studied, we focused our study on the energy-saving effect of replacing air-conditioners, lightings, and regrigerated showcases, that account for 70-80% of the total energy consumption of a store, with high-performance ones.
First, we investigated in the energy-preservation policies of the countries targeted by the Project, i.e. Thailand and Vietnam, and the applicability of the BOCM to those countries. The energy consumption is increasing in commerce in those countries. So the recognition of the importance of energy conservation in the commerce, including convenience stores, is expected to grow more and more in the future.
Then we measured actual electricity consumption in seven stores in both countries to verify the energy-preservation effect. As a result, we found that about 30% of the store-wide electricity consumption is reduced by replacing the existing equipment with the high-performance one.
Next, we studied on the development of the MRV methodology for a number of convenience stores to operate the energy conservation of the convenience stores in the BOCM scheme. Two methodologies, that is, “A. Calculation by accumulation of equipment items” and “B. Calculation based on the store-wide electricity consumption” were studied in our investigation.
The first methodology covers the air conditioners, lightings, and refrigerated showcases, and the electricity consumption of each equipment item in the Project is calculated. Whereas the second measures the electricity consumption of a store as a whole, and the results are compared with the electricity consumption calculated based on a model equation as the before-the-Project value. The model equation has been derived statistically from the data of stores having existing equipment items equipped. This methodology utilized a fact that all the convenience stores are designed based on standardized specifications. It required no measurement of electricity consumption of each equipment item, so it is considered to be applicable well to convenience stores.
Assuming that the Project uses the FamilyMart’s own finance, it will take 2 - 3 years to collect the investment made. It is considered to be appropriate to certify the eligibility of the Project by defining the conditions for a Project to be promoted and finding the one meeting the conditions instead of conducting analysis of investment effect.
In the Project studied, the CO2-emission reduction effect and credit amount created were found to be 9 - 10 tCO2/yr/store and \10,800 - 12,000)/yr. The total CO2-emission reduction effect of the entire Project for Thailand and Vietnam was found 7,480tCO2/yr.Further, the effect was found to amount to 12,900tCO2/yr if the Project is extended to cover all the FamilyMart stores in Thailand and Vietnam, and 659,000 tCO2/yr if the Project is extended to cover convenience stores in the South East Asia district and China. Judging from the results mentioned above, we consider that this Project has high feasibility and that it can contribute to the energy preservation and reduction of CO2 emission in Thailand and Vietnam.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る