成果報告書詳細
管理番号20120000001181
タイトル*平成23年度中間年報 「がん超早期診断・治療機器の総合研究開発/超早期高精度診断システムの研究開発:病理画像等認識技術の研究開発/病理画像等認識自動化システムの研究開発(定量的病理診断を可能とする病理画像解析システム)」
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名日本電気株式会社
プロジェクト番号P10003
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約1.共同研究の内容及び成果等
1.各種がんの自動検出システムの研究開発
症例選択、画像取得、アノテーションを実施した結果を利用して超早期各種がんの認識のための特徴量、とくに臨床的な悪性度を示す指標の探索と、現在標準で使用されている指標との比較検討を実施した。
英文要約Title: Research and Development Project to develop the equipments that automatically recognize pathological images. Pathological image analysis equipment to enable a quantitative pathological diagnosis (FY2010-FY2012) FY2011 Annual Report
Development of database tools and building of database
By using collected cases images, we developed the hepatocelluar carcinoma image database and information retrieval tools and systems. For the project purposes of quantitative digital pathology, we developed the feature detection tools. By using these tools, all annotated images’ features are measured and stored into the database.
Development of tissue structure detection software, selection and measurement tools
The features characterized early stage of hepatocellular carcinoma and background of liver tissues are measured. We started statistical analysis for detection of early stage tissues.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る