成果報告書詳細
管理番号20120000001193
タイトル*平成23年度中間年報 「がん超早期診断・治療機器の総合開発/超早期高精度診断システムの研究開発:血液中のがん分子・遺伝子診断を実現するための技術・システムの開発/血中分子・遺伝子診断のための基礎技術の研究開発(癌マーカー細胞群の濃縮・検出・培養技術の確立とその診断応用)」
公開日2012/12/19
報告書年度2011-2011
委託先名株式会社オンチップ・バイオテクノロジーズ
プロジェクト番号P10003
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1.研究開発の内容及び成果等
(1)要約
本プロジェクトでは、血液検査によるがんの転移可能性・悪性度の診断と患者に最適ながん治療の実現を目的としている。このため、一定量の末梢血に含まれるCTC(Circulating Tumor cell) を濃縮後に、使い捨てチップで検体間コンタミネーション・フリーでの測定が可能なフローサイトメーターにより、血液中CTCを計数し、且つ、CTCを回収または分離してCTCの細胞診断までを行う診断装置とそのプロトコルの開発を行なっている。
英文要約The objective of the project is to achieve optimal cancer treatment in patients with the precise diagnosis of cancer by blood tests. The team is developing the protocol and its diagnostic equipment which are to detect and sort CTCs by disposable microfluidics chip based flowcytometer, after concentrate CTCs from peripheral blood.
The achievements of FY2011 are as follows,
* Trial test: Comparison of the On-Chip protocol and the Cell Search system showed superiority of our protocol. Cancer cell lines are spiked into healthy volunteers’ peripheral blood, and used as samples.
* As the trials showed superiority and constancy of the protocol, we started clinical trials for technical verification as planed.
* Even for the sorting of the CTCs, which was not in the original plan, we confirmed its feasibility.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る