成果報告書詳細
管理番号20120000000910
タイトル平成23年度成果報告書 インド共和国の多くのデータセンターにおける
高効率サーバー+エネルギーマネージメントシステム導入によるプログラム型CO2 削減プロジェクトの案件発掘調査
公開日2013/1/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名兼松株式会社、有限会社クライメート・エキスパーツ、兼松エレクトロニクス株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約データセンター(DC)市場の拡大が続くインドで、従来型の設備を使用しているDC事業者向けに、日本の技術による高効率サーバーシステム、空調設備、またその最適化を行うエネルギーマネージメントシステムを導入する省エネプロジェクトの検討を行なった。電力コストの削減効果は大きく、またCO2クレジットのメリットも更に得られるグリーンITプロジェクトとして、大手通信事業者として各地にDCを持つairtel社は強い関心を持っている。
プロジェクトの例示:既存の300台のサーバーを日立製の高効率サーバー16台に統合すると、年間電力使用量を約1,240MWh、CO2換算約1,200トンを削減でき、約894万円/年の電力コストの削減となる。DC事業者の投資金額は約58百万円で回収年数は約6.5年、更に二国間クレジットを単価1,000円/トンで売却できれば、回収年数は約8%改善し約6.0年となる。
実施運営体制:
日立製作所:高効率サーバー、空調、エネルギーマネージメントのトータルソリューション提案
管理運営会社(SPC):本プロジェクトの実施を目的として新規設立し、設備のリース、二国間プロジェクトとしての登録業務、CO2クレジットの転売サービス等
JBIC、JICA:省エネプロジェクト向け優遇金利を期待
KDDIインド:SPCの委託により電力・通信量等のモニタリングサービスを実施
DC事業者:プロジェクトの実施主体(airtel社等)
省エネ局(BEE):電力省傘下のBEEはインセンティブ制度の検討や事業普及の促進を実施
エネルギー資源研究所(TERI):SPCが作成する簡易PDDを第三者機関として評価
技術(製品)概要:日立製作所は世界各地でDC設備を供給しており、トータルソリューションの提案が可能。エネルギーマネージメントシステムとして統合システム運用管理ソフトウェアのJP1がある。KDDIインドの製品Everestにはモニタリングサービスとしてレポート機能がある。
MRV手法の概略:DCのエネルギー消費量を、サーバーシステム自体 (IT Part)と、その他の建築物(ファシリティー)部分に分けて排出削減方法論を策定。ITの更新は5年、ファシリティーは15年をベースラインとして捉えた。新設と拡張についてはベンチマーク値を検討し、今後更にインド省エネ局(BEE)との協議を予定している。CDMで現地のローカルな(その技術やセクターの)事情を反映できていないという課題を解決すべく、ボトムアップ的、かつローカルな実情を反映させるアプローチとして「外部専門家の判断」を二国間クレジット制度に有効に組み入れてみた。また、PDDに相当する事前ドキュメント(簡易PDD)と専門家への要求事項の明確化・専門家のレポート・テンプレートを整備した。
プロジェクト単体・波及効果含む想定排出削減量:2012年のインドのデータセンター市場は約2,000億円。日立製作所の関連製品のシェアが3%に及ぶと売上げは約60億円、本プロジェクトの約100件分に相当。1件1,200トンのCO2削減量であるから、シェア3%の波及効果で年間想定排出削減量は約12万トンとなる。本プロジェクトがDC事業者向けにインド政府が後押しするGood Practiceとなれば、プログラム型の方法論も活用して全国各地にマーケティングを横展開しプロジェクトを事業化する可能性は十分にあると考えている。
課題:これまでCDMで拾い上げきれなかった省エネ分野で、どこまで使い勝手の良いスキームと方法論が提案できるかが重要。その為に、ある程度べ~スラインと使用パラメタの標準化が必要。インド省エネ局(BEE)やエネルギー研究所(TERI)とも協力して事業化を進めたい。
英文要約The purposes of this project are to conduct a feasibility study on a CO2 emission reduction project which introduces high-efficiency server systems using Japanese technology and optimizes their air-conditioning equipment with energy management system for the operators of data centers. This project proposal reduces the electric power costs.
Sample of Project : Replacing 300 servers by 16 Hitachi high-efficient servers reduces electric power 1,240MWh/year, equivalent to 1,200 t-CO2e, and saves electricity cost about 9 million yen. As its investment value is about 58 million yen, the investment recovery period is about 6.5 years, and if the CO2 credit can be sold at 1,000 yen/t-CO2e, the recovery period becomes shorter by 0.5 years.
Project Formation:
Hitachi:To provide servers, air-conditioners, energy management system as a total solution.
SPC: To establish a new special company, who provides equipments, registration of projects.
KDDI-India: SPC consigns the monitoring and data recording.
BEE: To promote various energy conservation incentives for data centers.
TERI: To evaluate the simplified PDD as a third party experts.
Technology: Hitachi may propose an equipment-related platform as a total solution. KDDI India provides EVEREST, an energy management system with reporting service.
MRV: We prepare a new methodology to measure the energy consumptions for two parts of data centers; IT Part composed of IT equipment and Facility Part composed of building or facility. A trial was made from a viewpoint “How the framework should be designed to overcome difficulties concerning CDM. We considered a bottom-up scheme where local situations were reflected as much as possible. We consider incorporating the “judgment by a third-party specialist” such as TERI. Simplified PDD, a template of the evaluation report by a specialist, etc. are attached to the main report.
Assumed Emission Reduction: The market scale of data center equipment is 200 billion yen. If the sales share of Hitachi products reaches 3%, its sales scale will become 6 billion yen/year, and it will be 100 cases of the sample project. As one sample project reduces 1,200 t-CO2e/year, so 100 cases will reach 1.2 million t-CO2e/year. Thus, as long as Indian government, such as BEE, supports this project as “Good Practice”, the feasibility of the project will become higher.
Issue: “Who should authorize the benchmark values and standardization methods~” will become a point to be discussed with BEE and TERI.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る