成果報告書詳細
管理番号20120000001242
タイトル平成23年度成果報告書 インドネシアにおけるプラント操業システムの最新化によるCO2 削減プロジェクトの案件発掘調査
公開日2013/1/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名横河電機株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約【総括】本書は、「インドネシアにおけるプラント操業システムの最新化によるCO2削減プロジ
ェクトの案件発掘調査」に関する事業調査の結果である。インドネシアの製油所を対象サイトと
して、操業効率レベルを把握し、省エネポテンシャル及びCO2クレジットを考慮した投資対効
果を明らかにした。
【背景・技術】アジアの急成長に伴うエネルギー需要増は、日本の高度成長期と類似しており、
経済成長と両立するエネルギー効率改善によるCO2排出量削減(生産原単位向上)の意義は大きい。製油所では操業システムとして、24時間連続稼動で分散制御システム(DCS : Distributed Control System)が製油所全体の生産性とエネルギー情報を常時監視している。製油所は、不測の変動に備え、運転限界値に対して余裕を持たせて運転していることが多いため、最適化制御や高度制御技術を導入することにより省エネ運転が可能となりCO2排出量を抑制できる。
【調査・MRV手法】省エネポテンシャルの推定は、オイルショック以降、日本のリファイナリーが取り組んできた省エネ活動による実績、及び弊社の経験にもとづいた独自のツールを用いて、現在の省エネの状況とFuel oil換算での省エネポテンシャル(概算値)が導きだせる仕組みになっている。製油所では、消費エネルギーの種類に加え、その供給源も外部からの購入エネルギーである場合と、生産された製品の自家消費、精製残留物など様々である。本調査ではその生産工程において消費されたエネルギー、また販売エネルギーすべてを対象として考慮することとした。
プラント全体における排出削減効果を把握、評価するために、プロジェクトバウンダリーは製油所全体とし、石油精製業界で広く使われるエネルギー消費指数(The Energy Intensity Index(EII(r)))をエネルギー消費原単位として、環境十全性を確保しつつ不確実性を下げ、かつシンプルで実務的な二国間オフセット・クレジットメカニズムで適用する当該技術に関するMRV手法の検討を行った。
 【想定削減量】我々の想定に基づく一製油所におけるMRV方法論に基づく省エネポテンシャルは、エネルギー削減量 年間21,000(FOE-kL)、排出削減量 年間51,774(tCO2)と推算される。また、東南アジア諸国に52か所ある製油所の総原油処理能力は合計約5億BPD(Barrel Per Day)であり、本提案技術を適用することにより大きな排出削減効果が期待できる。
【事業化・課題】対象サイトは、本提案技術の導入により期待される省エネ効果が大きいこと、燃料代削減により経済的にも便益が大きいと評価され、事業化は十分可能と考えられる。課題としては、製油所は24時間操業のため、いつでも対応が施せる訳ではない点と、本提案技術における適切なオペレーションがなければ効果は十分に発揮されず、同技術を管理できる人材が不足しており、適切なトレーニングが必要な点が挙げられる。インドネシアにおける当該事業の普及促進は、導入後の継続的なオペレーション、メンテナンス、定期的な技術指導なくしては進まないため、BOCMの様な制度支援による普及促進策が必要と考えられる。
以上
英文要約 This report is the result of a feasibility study of "CO2 emission reduction by modernizing
the plant operation system in Indonesia."
With the economical growth in Southeast Asia, petroleum, the market of petrochemical
and other industries is steadily expanding. Because these plants are large in scale and can
thus emit huge amounts of CO2, CO2 reduction technologies in plants are critical for CO2
reduction. For Yokogawa Electric Corporation, Indonesia is one of the top five countries in
Southeast Asia that have installed hundreds of Distributed Control Systems (DCS) for plant
operation; some of our customers are blue-chip companies operating top-class businesses in
Indonesia. Energy efficiency of plant operations can be dramatically improved by
introducing various technologies such as process optimization and advanced control
technologies on DCS.
We calculated the amounts of CO2 emission-reduction potential at one of the plants in
Indonesia and selected the techniques to verify the reduction effects (MRV techniques). We
also evaluated business feasibility and implementation issues with government policy, laws
and statutes, customs and the like. In the study of MRV techniques, we analyzed CDM,
ISO and other internationally recognized methodologies.
The energy conservation effects expected by the introduction of these technologies are
large and economically advantageous thanks to fuel cost reduction. In the calculation based
on the MRV methodology in our study, we conservatively concluded the reduction effect by
our directly contributing technologies. The study result shows the energy reduction potential
of 21 thousand FOE-kL/year and the emissions reduction of more than 50 million tCO2/year.
However, this technology which comprises the latest operating and control systems cannot sustain
good effects without appropriate operation. Indonesia is currently short of the human resources that are
able to manage the technology, so appropriate training and technology transfer would be necessary in
order to sustain the emission reduction effects. In addition, even after introduction, maintenance and
regular technical guidance are also essential.
Although ROI study result shows longer than 3 year payback period that does not meet
many plant investment criteria, the NPV is so high that we believe the business is
sufficiently feasible. Not only the some ten heating furnaces at this site but also eight oil
refineries and large petrochemical plants in Indonesia make horizontal rollout of this
technology highly promising. The speed of diffusion is expected to be even higher if the CER
profit, tax incentives and low-interest financing make the value of the investment higher.
Petrochemical plants have similar operating systems and work procedures, which are
thought to be similar target of energy saving. Horizontal rollout to oil refining and
petrochemical plants in Singapore, Malaysia, Thailand, the Philippines and Vietnam is also
expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る