成果報告書詳細
管理番号20120000001243
タイトル平成23年度成果報告書 南アフリカにおける鉄鋼セクターの省エネ技術導入案件発掘調査
公開日2013/1/8
報告書年度2011 - 2011
委託先名新日本製鐵株式会社、スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約1.プロジェクト概要
 本プロジェクトは、南アフリカ(以下、南ア)の鉄鋼セクターを対象にして、省エネ技術導入による省エネ及びCO2排出量削減のポテンシャルを把握する。その中から効果的な省エネプロジェクトを特定し、温室効果ガス(GHG)削減量測定のための方法論の立案と検証、及び二国間オフセット・クレジット制度(BOCM)の円滑な導入に向けた課題を整理し、削減量の算定とともに経済性・事業性の評価を実施することを目的としたものである。新日鐵及びスチールプランテックの共同提案であるが、日本鉄鋼連盟において二国間オフセットメカニズム対応プロジェクトに位置付けられ、鉄連内の対応委員会により助言・評価が適宜行われた。
 本プロジェクトにおいては、新日鐵とスチールプランテックが役割を分担して調査を行ったが、適宜、環境や鉄鋼の深化した専門分野では、それぞれの専門シンクタンクの支援を得て、調査の緻密化を図った。
2.技術概要
 以下のわが国の技術を想定して、省エネ及びCO2排出量削減のポテンシャルを算出した。・ 焼結クーラ排熱回収設備・ コークス乾式冷却設備(CDQ)・ 高炉炉頂圧回収タービン(TRT)・ 転炉ガス回収設備(OG装置)、転炉ガス顕熱回収設備(OGボイラ)・ 電気炉用スクラップ予熱システム(ECOARC)・ 電気炉排熱回収設備(ECORECS)・ 高炉スラグ有効利用技術。
 今回のプロジェクトによる南アへの技術移転は、南ア周辺諸国に関しては南アが鉄鋼の供給基地になり、新たに数百万トン規模の製鉄所をつくりこれに省エネ設備をフル装備することでサブサハラの鉄鋼セクターの将来の省エネに間接的に寄与する形で普及するものと考えられる。
3.MRV手法概略
 CDMの方法論(ACM0012, AMS-IIIQ)を参考にベースライン算定方法及びMRVの手法を検討するが、信頼性・透明性を確保しつつ、より簡略な方法論にすることを目指す。可能な限り、日常製鉄所で計測しているデータを用いて、排出削減量を算出する。また、南ア政府の政策に基づいて設定されるであろうセクター別のGHG排出削減目標をベースライン・シナリオとして用いることを試みた。
4.想定排出削減量
 検討したすべての省エネ設備が南アの鉄鋼業へ波及した場合、年間418万tのCO2削減が見込まれる。また、サブサハラ(ジンバブエ)への普及を想定した場合、年間43万tの追加CO2削減が見込まれる。
5.事業化の見通し・課題
南ア大手鉄鋼企業の1社は、本調査におけるヒアリングにおいて、「製品の輸出先である欧州の経済的不安の中で設備投資に対する社内の審査基準が非常に高くなっており、何らかの支援策により投資メリットが相当向上しないと、直ちに設備投資に進むのは困難である。しかし、今後の電力価格の上昇を考慮するといずれ必要となる技術であり引き続き検討を続けたい」としている。
 しかし、BOCM制度発効のスケジュールや制度の具体的内容(例えば、CO2価格の設定等)が決まっていないため、途上国企業が本制度を投資判断に活用できないことが実態である。
英文要約The Republic of South Africa, a member of the BASIC group known as major developing countries, is expected to continue achieving high economic growth in the future. There is concern, however, that the amounts of greenhouse gas (GHG) emitted by the country will increase as they grow, and taking measures to conserve energy and reduce GHG emissions is becoming an urgent policy issue to be addressed by the country.
The South African steel industry is expected to produce more steel in the years to come as the country’s economy grows. AMSA’s CSR Report indicates, however, that the amount of CO2 emission intensity (CO2 emissions per ton of crude steel produced) is about 3t CO2/t-steel (Japan’s average is about 2t CO2/t-steel), and there is ample room for efficiency improvement because sufficient energy-saving equipment has not yet been introduced. Growing steel production in South Africa reflects growth in the automobile and electric industries in the country in recent years, and steel production in the country as one of the emerging economies is anticipated to continue growing in the coming years. South African steel manufacturers, meanwhile, have not shown high interest in energy-saving equipment because the country abounds in coal, and unit energy prices are relatively low (about 6 yen/kWh in fiscal 2009). But their interest is growing rapidly as they face a rise in electricity charges.
Based on the understanding outlined above, this study offers advice to assist them to explore possibilities of spreading comprehensive energy conservation technology, calculate the potential of reducing GHG emissions, and develop a blueprint to realize a low-carbon society in South Africa while introducing Japan’s superior energy-saving technology to the country’s steel sector, a high-energy-consumption industry. Furthermore, we will choose technologies that are highly effective in energy conservation and meet South Africa’s needs, carry out preliminary feasibility studies, and realize specific energy conservation projects. Supporting in developing a blueprint to create a low-carbon society in South Africa is considered to going to lead to smoother negotiations with the South African government.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る