成果報告書詳細
管理番号20120000000051
タイトル*平成22年度中間年報 「次世代機能代替技術の研究開発/次世代心機能代替治療技術の研究開発/小柄な患者に適用できる植込み型補助人工心臓の開発」
公開日2013/2/21
報告書年度2010 - 2010
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P10004
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果等
1)動圧軸受型植込み型軸流ポンプの設計、製作、基本動作の検証 (担当:三菱重工業(株)、ニプロ(株))
成人用(流量5 L/min,揚程100mmHg,回転数9,000rpm,大きさφ3 cm×10 cm、50 ml、重量150 g)として設計、製作を進めてきたチタン合金製動圧軸受式植込み型軸流ポンプについて、小柄な患者にも適用できるように血液流路、翼形状の設計変更、改良を行い、流量1~4L/分の条件で循環補助可能なポンプの試作を行う。
【実施内容】
本年度研究では、下記の項目を実施した。
・ 成人用モデルの翼形状を小柄患者用として翼形状の変更について検討を実施
【成果】
成人用の設計点は流量5 L/min,揚程100mmHg,回転数9,000rpm であった。既に動物実験等で成果が出ている成人用モデルの軸受やモータ形状の基本構造を変更せず、翼形状のみを設計変更することで小柄患者への適用を検討した。小柄患者用の設計点は2 L/min,揚程100mmHg,回転数9,000rpm と設定した。
図1に検討中の羽根車の翼形状を示す。1 次元による机上検討を実施した結果、当初懸念していた翼入り口角の大幅な変化による翼間の通路閉塞無く、幾何学的に成立するという結論に至った。次年度は詳細設計、流動解析を進め、1 次試作に着手する予定である。
英文要約Title: Research and Development of the next-generation circulatory assist system for small patients.
1. Development of implantable axial flow pump with hydro dynamic bearing.
The design modifications of the axial flow pump for smaller patients were carried out on the following aspects.
-design change of impeller for small patient flow range (against for 2L/min)
2. Development of the ventricular assist system peripheral equipment
The prototype of ventricular assist system peripheral equipment was designed and manufactured considering,
-design and manufacture (driver, portable battery, battery charger system and power systems)
-implementation of usability and safety
-improvement of electrical circuit and chassis for noncompliant item (waterproof test and Radiated RF Immunity.)
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る