成果報告書詳細
管理番号20130000000061
タイトル平成24年度成果報告書 アジア等における有用金属等を含む廃棄物の高度なリサイクルシステム構築に関する情報収集報告書
公開日2013/2/21
報告書年度2012 - 2012
委託先名イー・アンド・イーソリューションズ株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名環境部
和文要約アジア等の新興国での我が国企業の当該分野への進出をにらみ、現地における有用金属等を含む廃棄物の商流やリサイクルの現状を調査し、日本企業が現地でリサイクル事業を展開するためには、どのような技術・システムの確立が必要なのかについての情報収集、関連法・制度の整備状況について調査を行った。第1次調査対象国(8カ国)に対し基礎調査を実施し、整理した結果に基づき、本調査において開催された有識者委員会において詳細調査を行う第2次調査対象国(5か国)を検討し、現地での情報収集と現況の確認が必要な国を3か国(インド、タイ、マレーシア)選定し、現地調査を実施した。報告書第1部では、本調査事業の背景情報として、既存のリサイクルビジネスにかかる事業化可能性調査の概要、ビジネスモデル、課題を整理しており、更に本調査事業の対象廃棄物であるE-waste/WEEE、電炉ダスト、自動車(廃触媒)に関する既存の技術の特徴についても整理している。第2部では基礎調査対象8カ国に関する当該国の概況、産業の動向、廃棄物・リサイクルの法制度の状況などについて、概要を取りまとめている。第3部では、詳細調査対象国(インド、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム)に関する対象廃棄物の規制の動向、リサイクラー(フォーマル、インフォーマル含む)の特徴、対象廃棄物の商流を把握するとともに、今後のリサイクルビジネス展開にかかるニーズ、今後のビジネス、実証事業にかかるパートナーとなりうる現地のリサイクル(金属回収等)を行う研究機関の状況について整理を行っている。第3部では特に3か国において現地調査を行っており、対象となる廃棄物の排出ポテンシャル、廃棄物の商流、廃棄物処理・リサイクルにかかる関係官庁、リサイクル事業者、研究機関等への視察、インタビュー調査を通じて、より具体的な現況、ニーズ把握を行っている。特に金属回収の視点から、製品等から解体されたプリント基板の商流にも着目している。第4部では、第1部から第3部の調査結果を踏まえて、我が国民間企業のビジネス展開と現地リサイクルシステム高度化の方向性と課題について整理を行っている。「日本企業が有用金属等を含む廃棄物のリサイクル事業を現地で展開するにあたって解決すべき課題」においては、対象となる廃棄物の集荷、競合会社、制度化等にかかる課題を整理し、それらの対応向けたアプローチについて検討している。「当該国における有用金属等を含む廃棄物の経済的なリサイクル技術・システム確立のための技術的課題」においては、コスト面の検討を行い、特に現行インフォーマルリサイクラーの関与が強い、金属を含む廃棄物、特にプリント基板の集荷に係る課題とその要因について検討を行っている。「日本企業の展開、実証研究に向けた対応策への考え」では、我が国企業のリサイクルビジネス展開に向けての、ポイント、アプローチのあり方について検討しており、「当該国の研究機関(政府系研究所、大学等)との協調」、「パイロット事業等による日本の技術の具現化と適正処理の必要性理解の向上」及び「現地のリサイクル制度化への協力」について整理を行っている。第5部では本調査事業のもとで開催された有識者委員会での討議の内容、意見のポイントを整理している。
英文要約Aiming for expanding the recycling business in emerging countries like Asia, the research was conducted on current flow and recycling status of wastes containing metals (common metal, precious metal, critical metal, etc.), and consideration was made on technologies and systems which need to be introduced in target countries to develop recycling business by Japanese firms. Firstly, primary research was conducted on 8 primary target countries. Then based on the results, 5 countries were selected as secondary research target in the committee held under this project. Of them, India, Thailand, and Malaysia were selected as countries to visit and conduct field study to confirm detailed and the latest information. The 1st chapter describes background information such as summary of FS projects which were recently conducted by Japanese firms regarding recycling business in Asia. Also, basic technical information about target wastes, E-waste/WEEE, Electric Arc Furnace Dust, and Vehicle (catalyst), was summarized. The 2nd Chapter shows brief outline of the 8 primary target countries such as current situation of industry and legislation of waste management and recycling. The 3rd Chapter describes the result of the secondary research on target countries (India, Thailand, Malaysia, Indonesia, and Vietnam) such as legal framework, recyclers, flow of target wastes, needs for recycling business, potential partners for future the next step. The results of the field study was also shown in the 3rd Chapter, which figured out more detailed information regarding flow and discharge potential of target wastes, current status and needs, through site visits and interviews to relevant authorities, recyclers, and research institutions. The 4th Chapter analyzed prospects and challenges on development of recycling business by Japanese firms and establishment of advanced recycle system in target countries. The section “Challenges to be addressed to develop recycling business in target countries” focused collection of target wastes, competitive firms, regulations, and approaches to address identified challenges. The section “technical challenges to establish economic recycle technologies and systems of target wastes in target countries” analyzed cost aspect. Especially, consideration was made on collection of target wastes, on which informal recyclers have strong impact. The section “ideas of measures to develop business and demonstration project” considered points and approaches such as “partnership with local research institutes”, “utilization of pilot project to introduce Japanese technology and improve understanding of proper treatment”, and “cooperation to establish recycle system in target countries”. The 5th Chapter shows contents and key points of discussion in the committee under this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る