成果報告書詳細
管理番号20130000000064
タイトル平成23年度成果報告書 「NEDO研究開発プロジェクトに係る追跡調査・評価(産業技術分野)」
公開日2013/2/6
報告書年度2011 - 2011
委託先名神鋼リサーチ株式会社
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約要 約
 事前準備調査では平成22年度終了テーマ19プロジェクト、簡易調査では平成17年終了プロジェクト38プロジェクト、平成19年終了プロジェクト8 件、平成21年プロジェクト13プロジェクト、詳細調査については、上市・製品化の34機関、中止の39機関、非実施の42機関について、アンケート票の送付・回収を行った。また詳細調査から抽出された14機関についてヒアリングを行った。
 個別データ間の分析および統計的解析は、成果の評価に対しては、非常に多くの要因(アンケートの質問項目)が影響し、主要な要因を特定することは困難であるため、集積されたデータを用いて適切な統計的分析を行うことで、どのような要因が重要な役割を果たしているかを明らかにし、さらに「調査手法の改善案」として主要なアンケート項目を抽出し、次年度以降のアンケート調査に活用することを目的として行った。
 事前準備調査についてはエネルギー分野のアンケート結果も加えて、統計的な解析を中心に分析を行った。
 クラスター分析からは、打ち合わせ頻度の各対象(NEDO担当者、プロジェクトリーダー)は個々に独立し、プロジェクトやマネジメントの満足度との近縁関係は見られなかった。また事業化シナリオの検討、経営・事業部門の関与等の、事業化に向けた動きと考えられる設問についても、近縁関係は見られなかった。
 二項ロジスティック回帰分析からは、継続実施/非継続を決める要因は、実現メリットの「コスト課題克服」、「プレゼンス」、「技術獲得」、「打合せ頻度 社内の他研究部門」の達成レベルであり、また継続実施するか否かは、研究開発部門が決めていること、上市・製品化/中止を決める要因は、市場動向調査は「国内」、特許動向調査と技術動向調査は「海外」に重点を置いていると考えられた。
 継続判断は、社内戦略上の位置づけ、意志決定者、技術課題の克服、スピードアップ、資金確保の影響が大きく、事業化判断には、市場動向調査、特許動向調査、技術動向調査が影響していた。
 重回帰分析からは、説明度が高い重要な要因として、実現メリット(技術課題の克服、資金確保、スピードアップ、コスト課題の克服)、期待メリット(スピードアップ)や社内戦略上の位置づけ、NEDO担当者との打ち合わせ頻度、市場・特許・技術動向調査が上げられた。
 抽出された重要な因子については、アクションチェックリストとの関連について考察を行った。
 また、次年度アンケート調査改善の提言を行った。
英文要約Abstract
Questionnaire studies were conducted as follows:
・Preliminary study covering 19 projects completed in FY 2010.
・Simplified study covering 38 projects completed in FY2005, 8 projects completed in
FY2007 and 13 projects conducted in FY2009.
・Detailed study covering 34 organizations that succeeded in commercialization, 39
organizations that abandoned commercialization and 42 organizations that did not
implement commercialization.
Interviews were conducted on 14 organizations selected from the group listed for the
detailed study.
The obtained data were analyzed statistically and correlatively, while taking into
account the following considerations:
・the achievement evaluation is affected by numerous factors (or questionnaire items),
which makes it difficult to determine which factor predominates;
・an appropriate statistical analysis on the data collected allows to determine which
factor plays more important role; and
・a major questionnaire item can be extracted as an "improvement plan for
investigation method", which can be applied to the questionnaire study conducted in
following years.
The preliminary study results were combined with the results of a study on energy field,
which were mostly subjected to statistical analyses.
A cluster analysis was performed to study the relationship between the frequency of
meetings among the subject person and others (e.g., NEDO personnel and project
leaders) and the level of satisfaction expressed by the subject person toward the
management and project itself, however, no linkage was found between the meeting
frequency and satisfaction level.
The cluster analysis revealed no linkage between the commercialization activities and
level of satisfaction, either.
A binominal logistic regression was conducted to reveal that:
・factors determining whether or not to continue include "solution of cost barrier",
"presence", "technology acquisition", "meeting frequency", etc.;
・the decision on whether or not to continue is mainly made by the research and
development division of each organization; and
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る