成果報告書詳細
管理番号20120000000382
タイトル*平成23年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 水素ステーション機器要素技術に関する研究開発 低コスト型70MPa級水素ガス充填対応ディスペンサーの開発
公開日2013/3/22
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社タツノ・メカトロニクス
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1.1 研究開発の内容
本事業では、水素インフラ立ち上げ(2015年:燃料電池自動車の一般ユーザーへの普及開始)後の普及促進のためには安全性を担保した低価格、高耐久性の水素ステーションの早期実現が必要となるため、低コスト,高耐久70MPa 水素ディスペンサーを開発する。
コスト現行比50%、メンテナンス周期1年以上を目的として研究開発を行う。
平成23年度は以下の研究開発項目について、実施した。
(1) ディスペンサーの研究開発
・制御部の検証及び充填テストによる制御動作確認
・防爆機器の申請
(2) コリオリ流量計の研究開発
・検出器の水素暴露試験及び精度確認試験
・変換器の評価及び改良
・防爆申請の検討
・電気的評価
(3) プレクール装置の研究開発
・冷却性能確認
1.2 研究開発の成果
1.2.1 ディスペンサーの研究開発
(制御部の検証及び充填試験)
昨年度設計開発したオープンキットと、模擬制御盤をCC?Link(通信)で接続し、制御盤?ディスペンサー間の通信について検証確認を行い、ディスペンサー側にシーケンサを備えずとも、制御盤との通信を確立した。
充填検証用モニターで、蓄ガス圧、充填圧、ディスペンサー制御(流調弁開度等)に応じて、擬似的に流速を変化させ、その変動に応じた制御を確認することにより、実ガス充填制御の見通しを得た。
検証結果を踏まえ、ヘリウムを用いてディスペンサー充填動作テストを行なった。
他NEDO事業開発品の遮断弁、流量調整弁の動作について、概ね良好な結果を得た。設備(充填容器)の都合上35MPa までの充填検証となったが、実使用に耐えうる充填システム、充填制御を確立できた。
従来の充填制御および制御盤との通信にシーケンサを用いていたが、本開発により、シーケンサを用いずに、ディスペンサーを構成できる見通しを得た。
英文要約Title:Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery and Storage Systems. Research and Development of Elemental Technologies for Hydrogen Station Components. Development of the low cost dispenser at 70MPa (FY2008-FY2012) FY2011 Annual Report

1)Development of dispenser

(Verification and filling examination of control part.)
The communication with the panel was established without using the sequencer of the control board.The communication method is CC-Link.The filling test with helium was done, and the prospect of the filling control of the dispenser was obtained.Confirming the operation of other NEDO business development goods was executed by the filling test, and a roughly excellent result was obtained.

(Explosion-proof application)
The developed explosion-proof apparatus had made an application.The joint box passed.The control box is awaiting an examination result.The display unit will make an application in the end of March.

2) Research and development of the Corioli flowmeter

(evaluation examination of the detector)
The optimization of the brazing condition is examining because a least escape occurred during the hydrogen revelation examination with the hydrogen true gas.By SUH660 tube, coexistence of inside diameter expansion and the sensitivity improvement was realized.The high precision in wide area from small flow quantity to large flow quantity was realized.

(Evaluation and improvement of measurement instrument)
As a result of improving a magnetization oscillating circuit, the correspondence to flow change is improved and improvement in flow measurement accuracy is expected.As a result of improving the structure of the changing explosion-proof, lightweight, downsizing, cost decreases are realized.

(Examination of an explosion-proof application)
We plan to re-set the test condition of the true safety explosion-proof and make an application again.

(Electric evaluation test)
The noise examination (Electrical fast transient / burst immunity test:IEC61000-4-4)was carried out and the good result was obtained.

3)Development of the pre-cool device

(Cooling performance confirmation)
The following things were understood as the reason of the helium gas temperature was not able to reach to -20℃ at the device exit during the examination of last year.Heat loss from the pipe and the coupling for the connection of the double tube part greatly influences the cooling capability of the gas.It is necessary to increase circulating flowing quantity of a refrigerant.

ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る