成果報告書詳細
管理番号20120000000391
タイトル*平成23年度中間年報 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 水素インフラ等に係る基準整備に関する研究開発 水素ステーション用複合容器の設計・評価に関する研究開発
公開日2013/3/20
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P08003
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
1. 研究開発の内容及び成果
複合容器の蓄圧容器としての適合可能性を検討し、設計基準の整備に資する検討を効率的に行うため、アルミライナー複合容器の疲労強度発現機構を解明することを目標とする。 平成22 年度は、圧力サイクル試験に供する小型複合容器の基本設計を行い、圧力サイクル試験の実施方法を決定した。平成23 年度は、設計した小型複合容器に関して、自緊処理圧力と圧力範囲により決定されるアルミライナーの応力状態を、有限要素解析により正確に評価したうえで、圧力サイクル試験計画を策定した。またその試験結果をまとめて、ライナーの疲労強度評価に必要な、修正グッドマン線図に相当するものを作成した。さらに、連携する他事業で実施する中型複合容器の製作、疲労強度試験に関連して、中型複合容器の設計を行い、評価試験方法を決定した。
英文要約Title: Development of Technologies for Hydrogen Production, Delivery and Storage Systems. Development for Regulation of Hydrogen Infrastructure. Development for Design and Assessment Methodology of Composite Vessel for Hydrogen Station (FY2010-FY2012) FY2011 Annual Report

This project is organized for investigation of fatigue strength of A6061-T6 liner for Carbon Fiber Reinforced Plastic (CFRP) accumulator in hydrogen filling station. Results of the project will be utilized for concerning regulation.

Results in 2011 FY:
(1) Pressurized Cycle Test using Small Size Type III Vessel
The test plan and results are summarized in Table 1. Hoop stress of liner is evaluated by means of elasto-plastic analysis with autofrettage process.

(2) Fatigue Life Prediction Chart in line with Goodman Diagram
We derive fatigue life prediction diagram in terms of mean stress and stress range for 105 cycles life of A6061-T6 liner as practical summary of the pressurized cycle tests.

(3) Design of Middle Size Type III Vessel
A structural design of Type III vessel has been completed for water capacity of 100 L. This middle size vessel is going to be examined through pressurized cycle test over 105 cycles so as to verify obtained Goodman Diagram.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る